読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

iPhone6 Plus を見て思うこと

つぶやき

f:id:shobuno:20140923213754j:plain

左:iPhone6 Plus      右:iPhone5

 

という訳で(?)、日曜日にiPhone6 Plus が届きまして、

データの引き継ぎが終わって、すっかり自分のマシンになりました。

今日で2日目ぐらいかな?

2日程使ってみて思った事を書きたいと思います。

 

まず、箱を開けて手で持った第一印象は、

あちこちのサイトでも異口同音で語られていますが。。。

やっぱり、

「で、でかい!!」

f:id:shobuno:20140923213822j:plain

でした。

私は、結構大きめの手だと思うのですが、端末を持つと

手がとても小さく見えます (^_^;

それに、持つとずっしりきます。

前のiPhone5sと比べると随分と重いです。

 

電源を入れて、画像やアプリを表示してみると、

ますますその大きさが強調される感じです。

アプリが今までのiPhoneの画面前提で作られているものですと、

そのままPlusに表示すると、無駄に拡大された文字、妙に間延びした画面になってしまい、「らくらくホン」の画面を見ている様な。。。強い違和感を感じます。

キーボードも、小さい画面向けのものがそのまま使われているため、

フリック入力キーなどは、間延びしてしまって、片手では打てない状態になってしまっています。

f:id:shobuno:20140923220021j:plain

純正のキーボードは、こんな感じです。

「空白」とか「改行」に届きにくい。。。(^_^;

 

f:id:shobuno:20140923220055j:plain

すぐに、Atokから小さめキーボードが出て、ちょっとほっとしましたが。。。

(バグが多いので、早めに直してくださいね)

 

 こ、これは失敗したかな??

と思ってしまいました。 (^_^;

 

ただ、写真とか動画とか電子書籍とか、web画面とかを表示する時には、

その広い画面の威力が生かされて、とても見やすくて良い感じになります。

アプリも、きちんと対応したものが出始めたら、きっと素晴らしい感じなるでしょう。

 

iPhone6 Plus は、これまでのiPhoneとは別のモノと考えた方が良いのかも知れません。

 

これまで「iPhone」と思っていた端末は、小さい画面だけど、キビキビ動いて、

それなりに美しい画面で、電話も出来る端末でした。

でも今回の「Plus」は、携帯できるギリギリの大きさに、

やや大きめの素晴らしく美しい画面で、電話も出来る端末。

名前も「iPhone」だし、ソフトも共通なので、似ている感じに見えますが、

これまでの「iPhone」とは別のコンセプトの端末と考えた方が良い様な感じがします。

これまでの「iPhone」のイメージと違う部分が、欠点に見えてくるのですが、

そもそも、これは全く新しいマシンとして捉えて、

どうやって使いこなせば良いのかから

考え直した方が良い感じがします。

 

むかしむかし、アップルからNewtonというPDAが発売されましたが、

これと似た大きさでした。

あの頃、

「Newtonがポケットに入らない」

と言う人は皆無で、当たり前の様にカバンに入れたり、拳銃のホルスターの様なものを

腰に付けて、端末を刺していたりしました。。。

 

iPhone6 Plus という非常に表現力豊かな端末をどう生活に活かしていくのか。。。

この一年、考えてみたいと思っています。

 

ここ数日で、この「巨大さ」にも慣れつつあります。

案外平気で使いこなしてしまうのかも知れません。

来年出ると言われているWatchとの連携も楽しみです。

 

面白そうな端末をゲットしました。

1年間、試してみましょう。

そして一年後、また「Plus」を選ぶのか「小さい方」に戻るのか、乞うご期待です。

 

(アップルの方で、先に諦めてしまったりするかも (^_^;)