読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

リーガル・ハイを観た(1期だけど^^;)

今週(っていつ?(笑))、家に帰れたのが2日目。

えっと、今日は木曜日か。。。^^;

 

仕事がいい感じに盛り上がってしまっていますが、

移動中の電車の中とかに、観ました。

リーガル・ハイの1期目です。

 

最近の生きる支え(?)ですね。。。

って、事で今日はリーガル・ハイの感想です。

 

リーガル・ハイは、半沢直樹泉雅人 堺雅人演じる嫌味だけど無敗の弁護士

「古美門研介」(こみかどけんすけ)と、新米の初々しい弁護士「黛真知子」の

コメディタッチの弁護士のドラマです。

 

この話は「コメディ」です。

が、演出や演者の力が半端でないため、時にはシリアスな流れに引き込まれたり、

感動させられたり、ハラハラドキドキさせられます。

夢中にさせられた所で、フッと笑わされたりして。

ああ、この話はコメディだったんだと思い出させられたり。。。

ストーリー展開がともかく巧みでテンポも良くて、

自由自在に演出されている感じがします。

 

こういう裁判モノって、隠された真実を掘り下げ、最後は正義が勝つ!

みたいな話になるものですけれど、リーガル・ハイは違います。

古美門研介は、自分が担当した被告を勝たせれば良いという風に行動します。

彼は無敗ですから、どんな汚い手を使ってでも勝つのですが、

果たして「正義」や「真実」はどうだったんだろうという点をハッキリさせないまま

ストーリーを終えてしまいます。

 

裁判に勝って、ほっとしつつ、観ている者にちょっと嫌な後味。。。

考えさせる余韻を持たせるドラマですね。

。。。と思わせておいて、アホなギャグで煙に巻かれたりして、

視聴者は翻弄させれてしまうんです。。。

 

ともかく、泉雅人 堺雅人の演技も神がかっています。

長台詞を早口で良くもまあ。。。

周囲を固める俳優さんも、大物ぞろいで、観ていてとても安定感があります。

敵役の生瀬勝久さんも、素晴らしい。。。

 

(今更ですが)久しぶりに良いドラマに会えたなぁと思います。

半沢直樹よりも良い感じがします。

 

最後に、伝説的(?)な名シーンをどうぞ。。。


堺雅人の超绝演技! リーガルハイ - YouTube

 

 

リーガル・ハイ DVD-BOX

リーガル・ハイ DVD-BOX