読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

財布を落とした話

つぶやき

留守電が入っていました。

草加警察のものですが、◯◯◯◯◯さん(娘)の財布をお預かりしています。

 身分証明書と、シャチハタ以外の印鑑を持って、警察署まで来てください。」

みたいな内容。。。^^;;

 

妻「あんた、良い加減にしなさいよ! 財布を落とすなんて

  信じられないっ!」

娘「えー?? どこで落としたんだろう?」

私「オレも2〜3回、財布を落とした事有るんだけど、不思議と

  警察に届けられて戻ってくるんだよね」

妻「また、あんたの遺伝かっ!? (又って何? ^^;;)

  いい話風に終わらせないでよねっ!

  私は一度もないわ!!」

(注:本人すっかり忘れている様ですが、

   実は1度、TDLで落とした事が有りますよね?(苦笑))

 

実際、財布を2〜3回(もっとかも?)落とした事があるんです。

落とした時は、ショックで走馬灯(?)の様に思考が巡って、

いつどこで落としたのか、必死で考えます。

 

電話ボックス(今は無いですね。)に置いたままだった。。。とか

電車の中で座った時に落としたに違いない。。。とか

あそこに置き忘れた! とか

 

何処で落としたのか、すぐに特定できるのが不思議です。

で、慌てて戻って。。。大抵その時にはもう財布が無いのです。

 

ああ、誰かに拾われてしまった。。。

最初の頃は、深い絶望に苛まれたものですけど、

2回目3回目と場数を踏んでくると(?)、心に余裕が生まれてきます。

 

また、誰かが拾って警察に届けてくれるかもしれない。。。。

 

警察に行くと、早ければその場で、遅くとも数日後には

必ず財布は戻ってきました。

日本って豊かな国だなぁと思い、周りの人にその話をすると、

結構財布を落としても戻って来なかった話を聞かされます。

私ってラッキーなのかも。

 

警察に行くと、財布の特徴、落とした場所、時期、入っていた金額を

必ず聞かれます。

迂闊な娘ですので、予め言っておかなければ。。。

 

私「財布の中身、いくら入っていたの? 必ず聞かれるよ」

娘「えー。良く覚えていなーい。 えーと、うーんと。。。

  お年玉入れていたから、2万円は入っていたかな?」

私・妻「に、2万円ッ?! ばかー!!」

 

 

私の遺伝子が強化されて次世代に受け継がれている様な。。。

嫌な予感がする今日このごろ(苦笑)

 

 

<オマケ>

娘「明日、警察に取りにいくから、部活休まなければいけないから、

  生徒手帳に書いて。」

私「よし。「警察に出頭するため、しばらく部活を休みます」でいい?」

娘「ダメだよー! えーと、「諸事情により部活を休みます」って書いて」

私「「諸事情」って何だよ〜 ^^;  じゃ、書くから。。。」

 

「財布を落として、警察に受け取りに行くため、部活を休みます」

                     (そのままじゃん...)