読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

闇の恐怖

目の前に、草原が広がっている。

振り返ると、海。

はるか遠くに、島が浮かんでるのが見える。

草原の向こうには山が少し霞んで見える。。。

 

所持品は何もなし。

草原には、ウサギや牛がのんびり佇んでいる。

見あげれば青空。

白い雲がぽっかり浮かんでいる。

 

太陽は?

頭上真上だ。。。。

 

急がないと、すぐに夜がやってくる。

夜になると。。。

 

いや、ともかく、身を守れる場所を作らないと。

私は素手で木を殴って、切り倒そうとする。。。。

時間が無い。。。!

 

木は固くて、中々削れない。。。(当たり前。 ^^;;)

太陽がみるみるうちに高度を下げてくる。

ま、間に合わないぞ。。。!

 

私は木をあきらめて、地面を素手で掘り始めた。。。

早く、早く。。。

地面を掘って、やっと、なんとか体が入るぐらいの穴が掘れた所で、

無常にも太陽が地平線に沈んでしまった。

 

空が禍々しく(まがまがしく)、真っ赤に染まり、すぐに闇が訪れた。

速く! 速く!

私は手先も見えないぐらいの闇の中、夢中で土を掘り続ける。

 

ふと、周囲に獣の唸り声が聞こえてくる。

まずい!

思わず振り返ってみると、はるか遠くに赤く光る点が見える。。。

あれは、モンスター!!

来るぞ!!

 

こちらに気がついたのか、

赤い点。。。目の光がこちらに近づいて来る!!

間に合わない!?

私は覚悟を決めて振り返ると、赤い目の主は目の前に迫っていた。。。

 

ぎゃ〜!!

 

私は夢中で腕を振り回して立ち向かってみたけど、腕は虚しく宙を切るばかり。。。

恐怖に耐え切れず、後ろを向いて逃げようとした所で、

それに後ろから襲い掛かられ。。。私は意識を失った。。。。

 

「You Died !!」

画面に大きくメッセージが表示される。。。

f:id:shobuno:20150217230602j:plain

 

長々とすみません。。。^^;

えっと、今日はマインクラフトというゲームの話です。。。

 

マインクラフト(Mine Craft)というゲームをご存知でしょうか?

いま、小学生の間で大ブームだそうで。。。

まあ、ちょっとだけやってみようとしたら。。。見事にハマってしまいました(笑)

 

マインクラフトってどういうゲーム?

このゲームの世界は主に立方体のブロックで構成されており、プレイヤーはそのブロックを破壊したり設置したりすることができる。 立方体のブロックを設置したり破壊するゲームソフトは数多くあるが、Minecraftには地上には草原、森、砂漠、雪原などのさまざまな気候や地形が存在し、地下には洞窟や廃坑、渓谷などが広がっており、昼夜の概念もあり、プレイヤーはその世界で自由に生活できる。最終的な目標は、ボスのエンダードラゴンを倒すことである。

ブロックともう一つ、重要な要素としてCrafting(工作)があり、ブロックやアイテムを組み合わせて、新しいブロックやアイテムを作ることができる(例:木の棒+石炭=たいまつ4本、原木をかまどで焼く=木炭)。高い場所にブロックを設置するには足場を作る必要があったり、上位の発掘ツールを使用してより高度な素材を手に入れたり、耐久値のある道具を使うことで効率よくブロックを破壊できたり、敵の侵入を防ぐ為にアイテムを設置したり武器を作って倒したり、機械的な物を作って実験するなど、ゲーム的な楽しさが追加されているのがMinecraftの大きな特徴と言える(クリエイティブモードでは素材の入手よりも建築、実験がメインの遊び方になる)。

また、プレイヤーの動作で反応するスイッチ類、感圧板も作ることができ、採掘されるアイテムにレッドストーンの粉(レッドストーンパウダー)と呼ばれるものを地面に撒いたり、これを素材にしたアイテムを併用することで信号回路や機械的な仕掛けも作ることができる。

 (例によってウィキペディアより引用)

 

見た目は、レブロックの様な可愛い印象とは裏腹に、いざ遊んでみると、

妙ににリアルで、スリリングで、自由なゲームです。

 

ひたすら巨大壮麗な建造物を作る人、モンスターを求めて大冒険する人、

農業に勤しむ人、地下を掘り進み鉱脈を求める人、ネットワークに繋いで

ワイワイ楽しむ人々、複雑な機械を作って悦に入る人。。。

まあ何とも、自由としか言いようがないゲームです。

 

私は「サバイバルモード」という、夜が来るとモンスターが襲ってきたり、お腹が空いたリ、高い所から落ちると死んでしまうモードを楽しんでいますが、

まあ、何というか、すごく闇が怖いんです。。。(笑)

うっかり遠出をして、夜になってしまった時の恐怖。

鉱脈を求めて地下を掘り進んでいたとき、地下大洞窟を掘り当ててしまった時の恐怖。

キャラクター達は、レゴの様に、ドット絵の様に可愛い感じなのですが、

襲いかかる様は全然可愛く有りません。(むしろえげつない)

 

そして、ドット絵というのが、人に「想像の余地」を与えるのか、

リアルな絵を見せられるよりも、恐怖を感じるのです。。。

 

唸り声に振り向いた時、真ん前にモンスターがいたりすると、

心臓が止まりそうになるんです。。。(笑)

 

忘れていた「恐怖」の感覚を味わう事のできるゲーム。。。

(私だけ?? ^^;)

 

 

子どもたちもハマってしまい、土日はネットワークで繋いで、

マインクラフト大会になってしまっています。。。^^;