読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

最近ちょっとブルーな気分なのです。(前編)

今日は連続投稿します。

内容はタイトルの通り。。。 ^^;

 

ブログには努めて読んで楽しいことを書きたいと、常々思っているのですが、

今日はポリシーをちょっとだけ曲げます。(大げさな(笑))

 

実は2月に受けた健康診断で、ちょっと「所見」が付いてしまって、

大腸の内視鏡の精密検査を受ける事になったのです。

3月ぐらいにそれが判明したのですが。。。

ちょうど大忙しで家にもロクに帰れない時期で、伸び伸びになってしまい6月になってしまいました。

 

まあそれは良いのですが。。。

以前、胃で精密検査になったとき、軽い気持ちで胃カメラの検査を受けて。。。

大変酷い目に遭いました (軽い気持ちで受けるなよぉ。。^^;;)

胃カメラって、口からカメラの付いている細い管を飲み込む訳ですが、

管は以前とくらべて細くなったと盛んに宣伝されてはいたものの。。。

やっぱり異物を口から飲み込む事には変わらず。

喉の反射を抑制する薬(麻酔?)を打たれて始めたものの、私には殆ど効かず、はたまたみんなそんなものなのか。。。強烈に喉が反射して、

それはもう七転八倒しながら飲み込んだものでした。。。(汗)

で、さんざん苦労して飲み込んで、検査したのですが

先生から

「特に問題ありませんね。キレイです。

 胃炎の跡が有るけど、全然問題ありませんね。」

とつまらなそうに淡々と告げられ。。。

決死の覚悟で受診した私としては、ちょっと拍子抜けしたというか、

何だか残念な様な(?)不思議な気分になってしまったものでした。

後で調べてみたら、鼻から胃カメラを入れる手法が有って、

それだと苦痛は殆ど無いという事を知って、次はちゃんと調べて受けようと固く心に誓ったものでした。。。

 

話が大分逸れてしまいましたが、今回の内視鏡検査ではちゃんとネットで調べて

苦痛の無いというポイントを重視して、医院を絞りました。

(まあ、大腸なら喉からじゃないから大した苦痛は無かろうとは思いましたが。)

 

それで、先週の月曜に検査の事前説明に行ってきたのでした。

「まず、この説明書をお読みください」

「あ、はい。」

 

手渡された書類を読みました。

 

検査目的、検査方法と読み進むと。。。

・腸管洗浄液を2L服用し、(中略)腸管をきれいにします。

(う。。2Lも)

・脱水の予防と検査中の安全を考慮して、点滴(薬の入っていない補液注射)を行います。検査中も点滴を続けます。

(ひぇぇ。。。点滴なんてしたこと無い)

・検査中に鎮痙剤、鎮静剤(痛み止めや眠り薬)を点滴に注入します。

(えっ!? 痛いの?? それならいっそ、眠らせて欲しい。。。)

・検査終了後、鎮静剤を使用された方/ポリープを切除された方は1時間程休んでからお帰り頂きます。

(な、何だか思ったよりも大事なのかも。。。(←つくづく私は迂闊な男です ^^;)

 

その後、「偶発症」と書かれた所には

・まれに麻酔や鎮静剤によるアレルギーショック、出血や穿孔(穴があくこと)などが生じることがあります。万が一、偶発症が生じた場合は最善の処置、治療を行います。

(。。。いや、「万が一」の話ですよね 万が一っていうのは、一万回に一回って意味だよね? 所で「穿孔」って何処にあくの?? (分かってる癖に。。。^^;))

 

すっかり、ビビってきた所で、若い、感じの良い男性の看護師さんがやってきました。

「読まれましたか?」

「あ、はい。。。」

「同意書にサインして頂く必要がありますので。」

「は、はい。。。」

 

手渡された同意書には

検査時に鎮静剤の使用を

□希望する  □痛かったら希望する  □希望しない

を選ばせる欄と、

検査の際にポリープを認めた場合は治療を

□希望する  □希望しない

を選ばせる欄がありました。

 

え? やっぱり痛いの?? 話が違うじゃん!! (涙)

と心の中で叫びつつ。。。痛いのは真っ平だし、折角ここまでして

ポリープ(が有ったら)を放置されるのも真っ平なので、「希望する」にチェックしたのでした。

 

これは、思ったよりも深刻な事態に陥ってしまった様な。。。^^;;

 

それから看護師さんからの説明が始まりました。

前日の食事は繊維質を避けること。(うどんとかおかゆが良い)

前日の夜にプルセニドという薬を飲むこと。

当日は朝10時からモビプレップという腸内洗浄薬を飲むこと。

これは、腸内をキレイにする薬なのですが。。。

飲み始めから15分ごとに200ccずつ服用し、最終的には最大2Lまで服用するものです。

注意として、吐き気が出た場合は落ち着くまで服用を中止すること、1Lを服用したあたりから、寒気がおきる事があるので体を温めながら飲むこと追記されていました。

また、顔のむくみ、息苦しい、お腹の激痛(!?)が出たら救急病院に連絡してください。。。。って、大丈夫なのかコレ??

 

腸がキレイになったら、通院して15時半からいよいよ内視鏡検査に望む訳なのですが、

よく考えてみると、だんだん不安が。。。(^^;)

 

f:id:shobuno:20150621224431j:plain

便の状態がこうなれば、腸の内部がキレイになったので検査を受けられるという

説明用のパンフレットなのですが。。。

しかし、「大腸内視鏡ゾウ」って、何? ^^

鼻が内視鏡なのね。。。

今晩、夢に出てきそう(笑)

 

そんな訳で、今週は時々思い出してはちょっとブルーになっていたのですが、

明日はいよいよ本番です。

 

そしてまた、次の曲が始まるのです。

(いや、違うから ^^)