読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

笑いの師匠    ?

つぶやき

どうやら息子(小5)が学校で「笑いの師匠」と呼ばれているらしい。

 

生まれて間もない頃(2ヶ月ぐらい?)に、大人達の会話を聞いていて、

何故か笑いどころで、ケラケラ笑ってみんなを驚かせたり、

大きくなっても、剽軽な事や、コメディを見たり笑う事が好き子どもなのですが。。。

 

どうして?

 

本人に聞いても

「なぜかそう言われるんだよねぇ〜」

という返事のみ。。。

 

。。。うーん。

 

私は幼稚園児〜小学1年生ぐらいまで、「ハカセ」と呼ばていましたが、

「笑い」でそこまで評価された事がありません。

何だか羨ましいなぁ。。。^^;

(まさか高度ないじめの一種じゃないよね?? (苦笑))

 

そうです。私は小学生の頃「笑い」を目指していました。

それまで他人に興味が無い子どもだったのですが、小学2年生の頃、

ふとつぶやいた一言が、友人のツボにはまって大笑いしたのを見て、

人を笑わせるのって良い事だなぁと気付いたのがキッカケでした。

 

以来、

どういうシチュエーションで、どういう言葉で人は笑うのか?

人は何を可笑しいと思うのか?

どういう笑いが「良い」くて、どういうのが「悪い」笑いなのか。

などなど。。。研究(?)を重ねたりもしました。

 

精進を重ねた結果(?)小6の頃、お笑いグループを結成して、

シナリオを作ったり、クラスの前で演じたりして。。。^^;;;

そこそこ面白い人と(多分)思われる様になり、

クラスの中で何か起こった時に、私のリアクションを求めて、

みんなの視線が集中するという感じにまでなりましたが。。。

 

結局「師匠」とは言われなかったなぁ。。。

 

まだまだ何かが足りないんでしょうね。

 

うーん、くやしいなぁ (^^;)