読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

俺を誰だと思っていやがるっ!!  〜天元突破グレンラガンを観た

感想

またしても、

「えっ?! 観ていなかったの??」

と言われそうですが。。。

はい、そうなのです。。。 ^^;

 

いやぁ。。。アタマの悪い作品です!(良い意味で)

勢いだけのアニメです。(本当、良い意味ですよ ^^;)

アタマを空っぽにして楽しめる作品です。

 

という訳で、今日はガイナックスのアニメ「天元突破グレンラガン」の話です。

 

天元突破グレンラガンは、2007年に放映された全27話のTVアニメーションです。

舞台は、はるか未来の地球。

何故か人類はみんな地下で生活をしていて、地上には獣人と呼ばれる生物と、

ガンメンというロボットが暴れまわっていて、地上に出てこようとする人間を

殺している世界。

主人公は、穴掘りが特技の穴掘りシモンと、彼の兄貴分のカミナ。

シモンは、小さなドリルとロボットを掘り当てる。

地下の町に落ちてきたガンメンと戦うため、掘り当てたロボットを動かして、二人は地上へ。。。

地上でのガンメン達との激しい戦いが始まる。。。

 

という感じでストーリーは展開されます。

見ての通り、絵柄は子どもの頃に見ていたロボットアニメのタッチ。

セリフも昔なつかしい熱くて意味が薄い口上。

本当、勢いだけでストーリーは展開していきます。

 

これって昭和の作品じゃないの?

 

と思いますが、その勢いにグイグイ引き込まれていきます。

ロボットのデザインも、顔に手足がついた様な、ちょっとダサい感じ。

 

そういえば、息子は最初「ロボットがダサいから見ない」と言ってました(笑)

 

しかし、そこはさすがガイナックスです。。。

荒っぽい作品に見せかけて、緻密な展開が組み込まれています。

いつの間にか、釘付けにさせられてしまいます。

 

トップを狙えとか、ナディアとか、エヴァンゲリオンとか、

それに劣らない(いやむしろ上かも)感じですね。。。

 

ネタバレを避けるために詳しくは語りませんが、

派手なアクション、ギャグ、

油断していると、残酷な展開、シリアスな話が襲いかかってきます。

 

中盤ぐらいで、ここまで盛り上がったらもうやることないでしょう?

と思っていたら、更に更にエスカレートしていきます(苦笑)

いやぁ、もう最後の方は観ているこっちが疲れてしまいます ^^;;

 

ガイナックスに良くある、終盤に力尽きてお話がダレる事も全くなく、

最後まで走りきったのは見事としか言いようがありません。

 

童心に戻って、アタマを空っぽにして楽しめる作品。

かつてロボットアニメ好きだった少年少女の方々に特にお薦めです!

 


中川翔子「空色デイズ」 ~10元突破! 超 野音祭~ - YouTube

オープニングはこの曲「空色デイズ」。

実はこの曲を「冴えない彼女の育て方」で知ったのが、

グレンラガンを見るキッカケになったのはヒミツ(笑)