読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

息子(小5)に本を薦めてみた

夏休みも大分消化しましたが、まだあと2週間近く有ります。

息子(小5)は、誰に似たのか(? ^^;)ゲーム好きで、

文句を言われにくい早朝とか夕方とか、暇が有ればiPadでマインクラフトとか、

それの攻略動画(?)とか、熱心に研究したりしています。

 

先日、岡山に行ったときも、ゲームばかりしたがって。

取り上げると不機嫌になったり。

 ゲーム依存症になったみたい。。。

 

外に連れ出して遊べば良いのだけれど、

何せ暑いし、私はべったりと娘(中3)の勉強を見なくてはいけなかったりで

なかなか息子と過ごす時間を取ることが出来ませんでした。

 

仕方ない。

奥の手でも出すか。。。

 

息子は小5で、比較的本好きだったりするので、

私が小学校高学年の頃にハマった作品をAmazon大人買いして与えてみる事にしました。

 

さて、どうなるでしょうか?

私はこう見えて(?)結構読書家だったので、このレベルについて来られるかな??

それに古典的な作品だし、読書慣れしていないと、ちょっと厳しいかもと思いつつ。。。

なーに、読めなければ私が読むまでのこと(笑)

 

偕成社の本は、小学生でも読める様にルビがしっかり振ってありますが、

内容はしっかり完訳版だそうです。

 

地底旅行 (偕成社文庫)

地底旅行 (偕成社文庫)

 

「はい。地底旅行。」

「何これ??」

「お父さんが小学生の頃熱中して読んだ本。凄く面白いよ」

「えー」

嫌々受け取った息子でしが、読み始めると私の声も聞こえない様子  ^^;

けっこう内容が有るのに、2晩程で読んでしましました(汗)

 

 

続きましては、これ。。。

これまたジュール・ヴェルヌの傑作。

「十五少年漂流記」というタイトルの方が有名?

確か私が読んだ本はそういうタイトルだったはず。

「少年は必読」と私は勝手に思っている作品(笑)

リーダー格の少年に憧れましたっけ。。。

二年間の休暇〈上〉 (偕成社文庫)

二年間の休暇〈上〉 (偕成社文庫)

 
二年間の休暇〈下〉―十五少年漂流記 (偕成社文庫)

二年間の休暇〈下〉―十五少年漂流記 (偕成社文庫)

 

無言で受け取った息子。。。 

おもむろに本を開くと、15人の少年達と一緒に漂流の旅へ。。。 ^^;;

6時間程で、2冊とも読破してしまいました。。。

(ちょっと速読過ぎない??)

 

すっかり勢い付いてしまった息子。。。

 

次は、これ。。。

この夏はジュール・ヴェルヌ特集だ!!

実はお父さん、この作品は読んだ事ないんだけれども オイオイ ^^;  

海底二万里〈上〉 (偕成社文庫)

海底二万里〈上〉 (偕成社文庫)

 
海底二万里〈中〉 (偕成社文庫)

海底二万里〈中〉 (偕成社文庫)

 
海底二万里〈下〉 (偕成社文庫)

海底二万里〈下〉 (偕成社文庫)

 

今日上巻を渡したら、もう夢中になって読んでいます。。。。

これも3日ぐらいで読んじゃうんでしょうか??

遅ればせながら、私も読んでみようかな?

海底二万里といえば、「ふしぎの海のナディア」ぐらいしか

知らないからなぁ。。。(苦笑)

 

 

いやぁ、子どもの頃に夢中になって読んだ本を、息子が夢中で読んでくれるって、

感慨深いものがありますね。

 

暑くて、外にもろくに出られない夏。。。

夏休みこそ読書の季節なのかも知れない。