読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

【お題】一番古い記憶

f:id:shobuno:20150829082156j:plain

妻の渾身の力作。

朝低血圧の娘は、不機嫌な顔で無言でハートをスプーンで塗りつぶして食べていました ^^;

(私はコレステロールの関係で卵はNG (苦笑))

 

今週のお題「一番古い記憶」

 

 

さて、私の一番古い記憶は何かというと。。。

 

◆古い記憶その1

しばらく前までは、富山の田舎に帰った時の思い出だと思っていました。

古い板葺きの屋根の家で、今だったら「◯◯家住宅」とかいって展示されている様な家でした。

入ってすぐに広い土間が有って、脇にトイレ。農機具や藁が壁に有りました。

履物を脱いで上がると、大きな畳の間が4つぐらい。。。?

奥には土間の調理場が有って、日本昔ばなしに出てくる様な大きなカマドがあって、

竹の筒でフウフウ吹いて火を起こしていました。

更に奥には風呂場が有って、五右衛門風呂になっていて、

板の上に乗りながらおじいちゃんとお風呂に入りました。

風呂の外には薪をくべる所があって、ぬるくなるとおばあちゃんが薪をくべてくれました。

この家の玄関の方から私を呼ぶ声がして、

私が行くと、おじいちゃん、おばあちゃん、ひいおばあさん、おじさん、母が待っていて、玄関の敷居をまたぐと、眩しい太陽の光に目を細める私。。。

「写真を撮るよ!」

と明るい声がして、前の方に並ばされて。。。カメラを見つめる私。

どこからか不思議な声が聞こえてきました。

 

「今、この光景を、私は生涯忘れないだろう。。。」

 

あれは、何だったんでしょう? 

実家に帰ると、確かにその時の写真が残っています。

あの声は、私の思い??

どうしてそんな事を思ったんでしょう?

私は当時たった3歳だったというのに。

 

 

◆一番古い記憶

ベルトコンベアーに載せられているのか、

何かに運ばれているのか、

私は、体育館の様な建物にいて、列にならんでいます。

自分で歩いた記憶が無いので、多分、本当の所は、母に抱っこされていたのでしょう。

周囲は何となく薄暗い感じ。

自分は、みんなと一緒に順番に何かされているという感覚はありました。

 

目を大きく開けさせられたり、

薄い金属の板。。。ちょっと太めな棒アイスの棒みたいな形のものを

口に突っ込まれて口を開けさせられたり。。。

私は不機嫌になりかけるのですが、

母の声が後ろの方から聞こえてきて、それに励まされています。

 

「大丈夫よ」

「もうちょっとで終わるからね」

「がんばって」

 

周囲から、子どもの鳴き声が聞こえてきます。

その声に不安になりました。

ひょっとしたら泣いていたかも知れません。

 

その時、

「これでおしまいよ」というニュアンスの言葉が聞こえてきて、

突然目の前に、銀色のスプーンが差し出されました。

私は思わず口を開いて。。。

口いっぱいに、なんとも言えないあま~い味が広がりました。

 

「!?」

 

なんて美味しいんだろう!!

私は目を見開きました。

周囲がパッと明るくなった気がしました。

あの味は何だったんだろう??

 

あの味が忘れられず、大人になってから母に尋ねました。

母はビックリ仰天しました。。。

 

「それって、小児麻痺のワクチンじゃないの?!」

 

調べてみると、小児麻痺(ポリオ)ワクチンは、甘いシロップ状の生ワクチンで、

赤ちゃんに口から飲ませるのです。(今もそうなのかな??)

 

というわけで、多分これって、0歳児の頃の記憶??

あの何とも言えない甘い味は今でもしっかり覚えています。

もう一回舐めてみたいなぁ ^^;

 

 

つくづく、食い意地がはっている人間なんですね。。。私って。(苦笑)