読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

掟上今日子の遺言書を読んだ

感想

どうも、ちょっと忙しくなった上、かなりストレスフルな状況になってしまい。。。

ずいぶん開けてしまいました。

あんまり開けすぎると、戻ってこられなくなりそうなので(笑)、今日はアップしましょう。

 

掟上今日子の遺言書

掟上今日子の遺言書

 

西尾維新が立て続けに2冊、私が読み続けているシリーズの最新作を出しました。

 という訳で、今日はこの本の感想文です。

 

ページを開いてまずびっくり。

今回の語り部は、最初の本で活躍した隠館厄介(かくしだてやくすけ)さんでした。

毎回今日子さんの相手役を変えるのかなと思っていたので、ちょっと驚きました。

でも、しっくりくる。。。。

やっぱり、掟上今日子さんシリーズはこの人が一番いいな。

今日子さんと厄介さんの掛け合いが一番しっくりくると思います。

 

今日子さんは、眠ると記憶がリセットされますので、何度もかかわってきた厄介さんにも、「はじめまして」といいます。

でも今回は、彼のことを「隠館さん」とは呼ばず、「厄介さん」と呼びました。

なんとなくですが、二人の絆は深まってきている。。。のかな??

 

今回の事件は、また変な事件でした。

ネタバレは避けますので。。。詳しくは言いませんが、

そんなのアリ?! そんな事できるの?! でした(笑)

いかにも西尾維新らしい、ひねくれた事件。。。

 

テレビシリーズも間もなく始まりますね。

私は。。。観るかどうするかまだ決めていませんが ^^;

 

映像化するなら、できればシャフトのアニメで観て見たい作品です。

 

忘却探偵シリーズにはまっている方々には勿論、西尾維新の語り口が好きな方、

変わった話が好きな方にお薦めできる作品です。

 

あ。忘却探偵シリーズは、ヒロインが毎回過去を忘れているので、

どこから読んでも(今のところ)大丈夫ですが、

最初から読んだ方が良いと思います。。。

 

さーて、次は西尾維新のもう一冊の新刊に行きます♪

 

(★★★★☆ 星4つ)