読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

無題(。。。としか言いようのない話)

f:id:shobuno:20160416163934j:plain

職場のすぐ近くの家に咲いていたモッコウバラ。(八重咲きのヤマブキ?)

ああ、もうこんな季節なんですね。。。

 

今日は定点観測の日なのですが、台風を髣髴とさせる様な強風で、ベランダに出れず。。。一回お休みです。

(先週もサボっただろうというのは、置いておいて。。。  ^^;)

強風の被害が大分出ている感じで、とても心配です。

 

 

先週、息子(小6)がしつこい風邪を引いてしまって、結局1週間まるまる休んでしまいまいました。

その風邪もようやく治まって、月曜からは登校できるまでになったのですが、

6年生の初日から1週間まるまる休んでしまった為に、さすがに不安そう。。。

 

夕方ぐらいから、

「お父さん、ちょっと緊張してきたよ。。。」

と、珍しくも弱音をはいていました。

 

確かに、学年最初から長めに休んじゃうと、プレッシャーかも知れません。。。

 

気休めになりそうな事を考えます。。。

 

「大丈夫だよ。1週間ぐらい。みんな気にしないよ。」

「。。。」

息子の表情は晴れません。

 

うーん。。。

 

「あ、そうだ。

 担任の先生に、言って貰えばいいんだよ。

 ◯くん(息子の名前)を教壇の前に立たせて、

 

 「えー、今日からみんなと一緒に勉強する事になった、

  ◯◯◯◯(息子のフルネーム)くんだ。みんな、仲良くしてやってくれ。

  えーと、席は。。。」

  そうすると、教室の奥の方の女の子が手を上げるんだよ。

 「先生! 私の隣の席が空いています!」

 「ああ、□□(女の子の名前)か。そうだなそこに座って。。。」

 で、◯くんが、その女子の顔を見て、言うんだよ。

 「はい。。あれっ?! お前はさっきの!?」

  登校する時に、ちょっと揉め事を起こした女の子だった事に気づくんだよね。

 すると、向こうも気がついて。。。

 「あっ?! あんた! さっきはよくも。。。」  

 っていうのはどう? ^^;」

 

話の後半あたりから、冷ややか目で私を見ていた息子。。。

エヴァンゲリオンじゃないんだから。。。

 あと、オレ、転校生じゃないから。。。」

冷静に突っ込んできました。 ^^;

 

勢いづいた私が更にくだらないことを言おうとすると

「もう良いから。。。」

と言って、ちょっと呆れ顔して寝ていきました。 ^^;

 

 

こういうアニメのテンプレート的な展開って、実際に有りえるのかなぁ。。?

教室に空いている席が有るという事自体、あり得ない様な気が。。。

 

あり得ないし、見ていてもそれほど面白いネタとは思えないんですが、

何となく見てしまって、何となく受け入れてしまっている様な気がします。

 

「古典的」とまでは言えないけれども、予定調和的なストーリー展開って、

受け取り手もすんなり受け入れてくれるので、書き手も安心して描く事ができるものなのかも知れません。

 

限られた時間や、文字数の中で、受けてに効率よくストーリーを受け取ってもらうためには、こういった「テンプレート」的な展開っていうのは大切なんでしょう。

受け取り手はテンプレート的な話をすばやく理解して、次に来る「本題」に備える事ができ、書き手はテンプレートを使う事によって、書きたい本題をスムーズに展開していける。。。

 

考えてみれば、芝居、ドラマ、映画、古典芸能。。。

アニメに限らず、こういうお約束的な展開は必ず有る訳で。。。

 上手くテンプレートを使いこなしたり、上手に崩したり、

新しいテンプレートを創りだしたり。。。

そういう事ってかなり重要な事なのではないかと思ったりして。 

 

そんな、事を考えながら。。。

ふと、我に帰ります。

 

あ、そうだ、息子の話だった。。。 

 

と、ともかく、明日の息子の健闘を祈りたいと思います。。。。 ^^;