読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

2017年冬アニメが始まっています

2016年秋アニメの振り返りも出来ないまま、月日は刻一刻と過ぎ去っていく訳で。。。

秋アニメの話は取り敢えず置いておいて、冬アニメの話をする事にしましょう。

舟を編むの話はそのうちするかも。。)

 

今期も盛りだくさんですが、特に注目している作品をいつくつかご紹介しましょう。

 

亜人ちゃんは語りたい


TVアニメ「亜人ちゃんは語りたい」 / PV

 ウィキペディアより、

神話やおとぎ話のモチーフとなり、かつて怪物や妖怪などと称され迫害されていた、亜人と呼ばれる特別な性質を持つ人間たちが、個性として認められ一般社会に溶け込んでいる世界。社会的な弱者である亜人に対する生活保障がなされ、若者たちには亜人のことを「デミ」と可愛く呼称するまでになっていた。

新学期、大学時代から亜人に興味をもっていた高校の生物教師の高橋鉄は、これまで一度も出会ったことのない亜人たちに囲まれる生活を送ることになる。おしゃべり好きの「ヴァンパイア」の小鳥遊ひかり、頭と胴体が分離している「デュラハン」の町京子、暑さに弱い「雪女」の日下部雪といった1年生の生徒たちや、異性を避けている「サキュバス」の新人教師佐藤早紀絵といった、個性的な亜人たちと織り成す学園コメディー。

えっ? あの「亜人」のスピンオフか?

と一瞬思いましたが、全然違う作品でした。

絵柄からすると、有りがちな萌え狙いの作品かと思いましたが、

意外に丁寧な作りで引き込まれます。

亜人」を「社会的な弱者」とする世界観が面白いです。

この設定で、平和で楽しい世界を描くのでしょうか?

 

 

昭和元禄落語心中 -助六再び篇-


「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-」TV-SPOT

いよいよ、ヨタさんの話になりました。

1期目の話も良かったのですが、彼が出てくるとホッとします。

劇中の落語も上手になってきましたし、話の展開やキャラクターの描き方も

相変わらず素晴らしい。。。

安心して楽しめる作品です。

 


TVアニメ「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-」OP

林原めぐみさんの歌もシビレます。。。

落語でも聞きにいきたいなぁ

 

3月のライオン


【アニメ】3月のライオン「OP」(2)

これは秋から続いているんですが、素晴らしい作品です。

孤独な天才棋士、桐山くんと周囲の人々とのドラマが感動的です。

毎回、唸ってしまいます(笑)

よくぞ、この作品をアニメ化してくれました。。。

2期になって、オープニングが変わりました。

YUKIが歌っています。

毎週楽しみな作品です。

 

 


映画『3月のライオン』予告編

と思いきや。。。実写化されるのかぁ。。。

桐山くん? 川本家? 香子? えー? 

「しょーぎしかねーんだよぉ〜」。。。 ガーン ^^;;

 

 

小林さんちのメイドラゴン


TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』 PV第2弾

全く前知識なく観ました。

(最初のドラゴンの動きをみて)やっぱ、ダメかな?

ん? 話の展開が丁寧だな。

会話が面白いじゃん。。。

あれれ? 日常の「〜でゲス」って言う人っぽいキャラが出たぞ? ^^;

そして、エンディングを観て納得。

ああ、これ、京アニだったんだ。。。 ^^;

小林さん(主人公)が、ソフト会社のOLっていう所も好感が持てます。

気楽に笑える作品。。。かな?

 

四畳半神話大系

 


Yojou-han Shinwa Taikei PV

すみません、正しくはこの作品は2017年冬アニメではないのですが、

夜は短し歩けよ乙女」映画化記念のキャンペーン(?)で、

今期OPを変えて再放送された作品です。

「見てなかったの?」と言われそうですが、初見です。

1話を見て、すっかり引き込まれました。

凄いです。。。

どこが凄いかと言われると。。。

↑のpvで、主人公がやたらハイテンションで喋りまくっていますが、

本編でもずっとこの調子です。。。

実は「夜は短し歩けよ乙女」を読もうとした事が有ったのですが、

恐ろしい程の情報量のテキストについて行けず、読むのを挫折したことがありました。

こうやってアニメ化すると、受取りやすくなりますね。

圧倒的なテキストと、映像の素晴らしさ。。。

未見の方は、是非1話を見て頂きたい作品です。

好みは別れると思いますが、ハマればどっぷりハマる作品と思われます。

 

とまあ、こんな感じなのですが、今期はじっくり見せる作品が多い気がします。