読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

すみません、なんとおっしゃったかわかりませんでした・・・

f:id:shobuno:20170406073336j:plain

めずらしく仕事が空いたので、
中学校の入学式ということで、お休みを取って行くことにしました。

春ですねぇ。。。
今年は開花が遅かったのか、桜がまだ残っていました。
入学式に桜吹雪。。。
うーん、アニメみたいだ(笑)

 

f:id:shobuno:20170410090500j:plain


入学式。
実は忙しくて子供たちの入学式には殆ど参加した事が有りませんでした。
(ん? 娘の高校のは参加したんだっけ。。。疲れてヘトヘトで殆ど記憶が。。^^;)

ですから「入学式」の思い出は、自分が主人公の入学式がほとんど。
「親」側からの出席というのは、ちょっと違和感があります。。。
ガチャガチャ音がしたので、そちらを見てみると、
幼稚園児ぐらいの子供がブレザーを着て座っていました。
親の膝の上で何やらイタズラしている風。
ちっちゃい子も来ているのか。。。

 

「新入生入場!」

 

青ざめた表情、ガチガチの動作で息子が入場してきました。 ^^;
新しい事をするのが大の苦手な息子。
最近、ナーバス気味でした。
昨夜「朝が永遠に来なければ良いのに。。。」と、
何ともドラマチックなセリフを残して眠りましたが。。。

 

入場行進が終わり、みんな着席すると、
一人一人名前を呼ばれて、起立して返事をしていきます。
キラキラなネームが多い ^^;

 

突然思い出しましたが、私の時も全く同じ動作を入学式でやりました。
私は。。。あんなに緊張してたっけ??
ああ、そうだ。 ちゃんと声が出るかどうかハラハラしてたんだった。。。
なんだか、あの頃の緊張を思い出してこっちまでちょっとだけ緊張してきました。

 

名前を呼ぶセレモニーが終わって。。。


「校長の挨拶」

 

壇上に上がった校長先生の話はちょっと退屈で、
微妙に構成が悪くて、文章がすんなり頭に入ってこない感じ。。。
それでも、新入生たちは緊張して話に聞き入っています。

 

校長先生のお話にちょっと間があって、短い沈黙が発生した時に
それは起こりました。。。 (苦笑)

会場に女性の声が鳴り響きました。


「すみません、なんとおっしゃったかわかりませんでした・・・」

 

そう、iPhoneのSiriでした ^^;
多分、あの子がやらかしたんでしょう。

ナイスタイミングです(笑)

 

気のせいか、一瞬その場の空気が凍り付きました。
校長先生も、ちょっと戸惑った表情を浮かべていました ^^;

ツボに入ってしまった私は、笑いを堪(こら)えるのに必死。。。 

 

 

校長先生は気を取り直してお話を続けて、式は無事に進行して行きました。

 

そんな感じで入学式は終わったのですが、印象に残ったのは

在校生の挨拶を担当した生徒会長も、新入生の挨拶を行った生徒も、

全部、女の子だったこと。

それから、名前を呼ぶ時、男女別々に呼ぶのではなく、

あいうえお順に男女混じって呼んでいた事。

(そういえば、卒業式もそうだったっけ。)

それから、何より自分が「親」としてこのセレモニーに参加している事。。。

 

時代が変わったんだなぁ。。。