読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

[[今週のお題]]「お父さん、ありがとう」

 やっぱり、このお題が来ましたか。。。ふっ。(笑)
やっぱりねぇ。。。掴めてきたぞ。(。。?)


 という訳で、私の父のお話ですが。。。
うーむ、難しい。。。(苦笑)
私の父は何というか、一口に言って、私にも良く分からない人なのです。。。
 出身は富山県で、若い頃に上京して、繊維問屋(当時は、花形産業でした)に就職。
丁稚奉公の末、足立区に小さな洋品店を開業しました。
その直前に、母(こっちも富山県出身)と結婚。
洋品店は、まずまず調子が良かったみたいなのですが、
お世話になった繊維問屋さんが倒産した事がきっかけで、閉店してしまいました。
その後は、タクシーの運転手になり、歳を取った今も、細々と続けています。
 仕事熱心で、真面目な性格。
子供である私達とは、仕事が忙しくて、余り普段は接する事が有りませんでした。


 綺麗な言葉で言うと、とても倹約家、率直に言うとケチ。
廃品を拾ってきて、何かを作るのが趣味という感じの人。
「買う」という言葉が何よりも嫌い。家族のみんな、この点ではウンザリしています。
ただ、孫達は可愛い様で、ある日
「必要な物は買わないと。。。」
と言って、家族のみんなを驚愕させました。
(父の口から「買う」という言葉を初めて聞いた。。。いやホントに。 苦笑)


剽軽な事を言って、みんなを笑わせたりする事もありましたが、
決して嫌われている訳でも無いんですが、すごく好かれているという訳でも無く。。。
 。。。うーむ、それ以上は書く事があんまり無いんですよね。
本当のところ、何を考えているのか良く分からない感じ。
印象が薄いのか、私の情が薄いのか。。。?
身近なのに、遠い人ですね。


 こんな事を書きましたが、父には、とても感謝しているんです。
きっと、家族を養って行く事は、肉体的にも精神的にも並大抵のことじゃなかっただろうと、この歳になって、強く思います。
 あんなに黙々と、着実に、皆を支え続けられる強さは、私には有るんだろうか?
ちょっと、自信がありません。。。
という訳で、


おとうさん、ありがとう。 いつまでも達者でいてください。
また子供たちを連れて、遊びに行くからね。。。