読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

メリークリスマス!

お題 つぶやき

f:id:shobuno:20121224185202j:plain

今日食べたケーキ。(娘撮影)

 

 

 来年から、Hatena Blogの方でも、お題に答える事ができる様になるということで、

ちょっとはネタに困らなくても良くなるかも。。。と期待しています。

今週のはてなダイアリーのお題が「クリスマス」ということで、挑戦してみます。

(結局、仕組みは無くてもやってしまうんですね。。。(笑))

 

 

クリスマスにまつわる、ドラマチックな話とか、ロマンチックな話とか無いかな?

しばらく考えてみました。。。

 

うん。無いな。。。 (^_^;

 

 クリスマスの思い出をたどってみると、私の場合は家族で過ごした思い出が

たくさん浮かんできます。

 

 イブの夜には、家族みんなでケーキを食べて、歌を歌って。。。

ワクワクしながら寝て。

朝起きてみると、枕元にプレゼントが有って、歓声をあげる。

ウチはクリスチャンでは無かったので、宗教色は皆無でしたが、

クリスマスの美味しい所取りで楽しんでいました。

 小学生になると、地域の子ども会で集まって、

クリスマス会をしました。

歌を歌ったり、劇を演じたり、プレゼント交換をしたり。。。

そんな、普通な感じのクリスマスを過ごしていました。

 

 20代前半の頃、クリスマスには一泊5万円の赤プリに泊まったり、

苗場スキー場で広瀬香美の音楽の世界みたいのがトレンドとされていた時代も

有った様な気がしますが、一体私はその頃何をしていたんでしょう。。。?

(多分、妖精館(同人誌)の仕事をしていたんでしょうね。。。(苦笑))

 

 

 子供ができると、クリスマスの主役は子供たちに移ります。

私が経験した様に、「家族と過ごした楽しいクリスマス」

という思い出をたくさん作ってあげたいと思っています。

 

最近の我が家のクリスマスはこんな感じです。

 

 12月に入ると、ツリーと飾りがベランダに用意され、

夜になるとピカピカ光り出します。

ウチはマンションなので、サンタさんは煙突ではなく、

ベランダからやって来るという設定は、妻が考えたもの。。。

 イブが近づくと、プレゼントの箱がツリーの周りに並べられます。

子供たちは、箱の中が気になってそわそわし出すのですが、25日までお預けです。

 イブの夜、子供たちはサンタさんの為のお菓子と、欲しいものを書いた手紙を

ツリーのそばに供えます。

妻と私はイブの夜、サンタさんからのプレゼントを置いて、お菓子 を頂き、

手紙を回収します。。。

(油断をするとiPhoneが欲しいとか書いてあります。。。(笑))

 

そして、25日の朝。子供たちは早朝から起きて、

ベランダに出て、プレゼントを開けて歓声を上げます。。。

 

 

さて、今年もイブの夜になりました。

子供が小さい頃は、プレゼントのラッピングにも凝っていて、

キレイな箱が並んでいたのですが、今年はAmazonの箱とか。。。

ちょっと手抜き気味な感じになってしまってますが。。。(苦笑)

果たして明日の朝、どうなるか。。。?

 

大人になってからのクリスマスも、結構楽しいものです。