読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

ズル休みの日

つぶやき

f:id:shobuno:20140328145310j:plain

3月末納期のお仕事が一段落しました。

途中、頑張り過ぎまして、月末を数日残して余裕が出来てしまいまして。。。

 

私「明日、ボク、ズル休みしても良い?」

部下「え? まあ、良いんじゃないですか? 休日、大分出てられてたし、

   もうすっかり落ち着いたし。。。」

私「やった! じゃ、後はよろしくねっ♪」

部下「はい。了解です(苦笑)」

 

という訳で、部下の許可も得られましたので、

今日は代休消化の「ズル休み」をさせて頂きました。

 

春休みが始まっているので息子を連れてお出かけです。

妻「岡本太郎を見に行くといいよ」

 

という訳で、今日は川崎の生田緑地へ岡本太郎に会いに行きました。

最寄り駅は「向ヶ丘遊園」駅。

向ヶ丘遊園は行った事は無かった(筈)ですが、無くなっていたんですね。。

花と緑の遊園地と呼ばれていて、名前だけは知っていたのですが、。

 

駅を降りて、生田緑地方向に進んでいきます。

例によって、息子のテンションはアンダー気味です。

 

「ねえ、まだ着かないの?」

岡本太郎美術館へは行った事にして、もう帰ろうよ」

「足が疲れたよ」

「ああ、だんだん暑くなってきた。。。」

 

私「まだ10分も歩いてないじゃないか。。。我慢しなさい。(^_^;」

 

15分程歩いて、木々に覆われた大きな丘が見えてきました。

生田緑地です。

f:id:shobuno:20140328112042j:plain

ソメイヨシノが咲き始めていました。

岡本太郎美術館」「日本民家園」「プラネタリウム」「藤子・F・不二雄ミュージアム」の看板が出ています。

 

地図によると、岡本太郎美術館に行く前に、日本民家園が有るみたいなので、

ついでに寄って行くことにしました。

 

時間も有るし。。。

 

私「ちょっと日本民家園に寄り道しよう!」

息子「えー!」

f:id:shobuno:20140328110946j:plain

 大人500円(小中学生無料)の入場料を払って、中にはいると、

小さな建物の中に、昔の木造民家の種類とか、構造、建て方、暮らしぶりなど、

キチンとまとめられた展示がされていました。

分かりやすいけど、これだけ?

これで500円は、ちょっと高いかも。。。

 

そう思いつつ外に出て、さあ岡本太郎美術館へ! と思っていると、

「順路」という立て札があって、その指し示す方向を見ると。。。

f:id:shobuno:20140328224006j:plain

何だか広大な世界が広がっていました (^_^;

 

あれれ?

 

広い敷地に20軒も民家が有るんですね。。

これは、「岡本太郎美術館へ行くついでにちょっと」どころでは無い?!。。。(汗)

この時点で午前10時ぐらいでしたが、お昼までに美術館にたどり着く事は諦めました。

 

f:id:shobuno:20140328113855j:plain

のどかな昔の山村に迷い込んだ様な感じです。

とても日差しが暖かくて汗ばむ様ないい天気。

木々の奥からは、うぐいすの「ホーホケキョ」が聞こえてきました。

試しに私も口笛で真似てみると、ムキになったかの様に、

「ホーホケキョ」を激しく返してきました(笑)

 

 

f:id:shobuno:20140328113446j:plain

「民家」と言いながら、結構立派な家が多い感じでした。

 

 

駆け足気味で見てしまったので、ちゃんとした詳細なレポートは書けませんが。

印象に残ったモノを幾つか。。。

 

f:id:shobuno:20140328115223j:plain

 板葺き屋根に、石を積んでいるお家。

私の母親の実家(富山県)が、これに近い感じの屋根でした。

自然物を上手に使って、家を立てていたんだなぁと関心させられます。

 

f:id:shobuno:20140328115337j:plain

 茅葺屋根のウラ側です。

太いハリ、竹の棒を縄で縛って固定して、その上からカヤを吹いています。

 

f:id:shobuno:20140328115351j:plain

 

これは、また凄いハリです。。。

良くもまあ、こんな複雑な材料をうまく組み合わせて家を建てたものです。。。

 

 

f:id:shobuno:20140328115636j:plain

合掌造りかな?

f:id:shobuno:20140328115727j:plain

ここは、民家の「テーマパーク」なんですね。。。

実際に使われていたモノが展示されている所が普通のテーマパークと違いますが。。。

f:id:shobuno:20140328115314j:plain

床がピカピカに磨き上げられています。

確かに人がそこに住んでいたという「重み」を感じる事ができます。

 

f:id:shobuno:20140328120146j:plain

格子窓から差し込む日差しがレーザー光線みたい。

室内に虫よけの煙が立ち込めていたので偶然見られた現象です。

 

f:id:shobuno:20140328115923j:plain

ここでも、ミツマタが満開でした。

 

f:id:shobuno:20140328115946j:plain

ミツマタの花って、キレイですね。

 

f:id:shobuno:20140328123153j:plain

木蓮 (ではなく)コブシの花も満開。。。

(注:冒頭の花は(多分(^_^;)木蓮で、こっちがコブシです。

   上を向くのが木蓮で、バラバラに向くのがコブシ。

   花に葉っぱが一枚付いているのがコブシで、付いていないのが木蓮。

   う〜ん、難しいぃ。 こみち (id:kazenokomichi)さん、

   ありがとうございました。)

 

f:id:shobuno:20140328125651j:plain

民家園を出て、岡本太郎美術館へ。。。

 

f:id:shobuno:20140328125820j:plain

 

 もう13時を回ってしまっていたので、美術館に入る前に隣のカフェで腹ごしらえ。。。

f:id:shobuno:20140328130456j:plain

 

ボルチーニ茸入りのクリームパスタ(大盛)にアイスコーヒー。

息子は、カルボナーラ にカルピスウオーター。

 

f:id:shobuno:20140328125902j:plain

お腹を満たして、美術館へ。。。

(写真は、カフェの横に有った岡本太郎の作品「樹霊」1970年作)

 

美術館内は撮影禁止だったので、写真はなしですが、

展示物には少なからず、衝撃を受けました。

訳が分からないけど、力強くて、生命力にあふれていて、生き物っぽい作品に

やられました。

建物自体も直線的な構造でなくて、ウネウネと何がどこに繋がっているのか

よくわからない構造で、いかにも岡本太郎的な建物でした。

 

子供の頃、CMに出演している岡本太郎をギリギリ(?)覚えている世代なもので、

だからなのか「岡本太郎」が何者だったのか良く分かっていませんでした。

 

芸術は爆発だっ!」

 

という言葉を、テレビで良く聞いていて、ハッキリと覚えているけれども。。。

テレビから生身の本人が、すごい形相で言う姿を見て、

何だか「訳の分からないオッサンだなぁ」としか思っていませんでした。 

美術館で、彼の作品を見ていると、

ああ、凄い人、歴史的な人だったんだと実感させられました。

 

f:id:shobuno:20140328143939j:plain

 

美術館の巨大モニュメント「母の塔」

すごいインパクトです。

現代にこんな人、いるんでしょうか?(知らないだけ?)

 

f:id:shobuno:20140328143947j:plain

塔の先端をアップ。。。

 

f:id:shobuno:20140328145613j:plain

 

ズル休みの日。

現実を忘れるひとときを過ごさせてもらいました。

 

1/144スケール 太陽の塔 塗装済み完成モデル

1/144スケール 太陽の塔 塗装済み完成モデル