読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

集団的自衛権について思うこと

お題

トピック「集団的自衛権」について

 

どうも、今週は色々ありまして、イマイチ気持ちに余裕がなくて、

日々のネタも中々思い浮かばない状態なのですが、書きたい気持ちだけはあって。。。

そうだ、お題なら何か書けるんじゃないかと、見てみたらこのお題。。。 (^_^;

 

。。。えーい! ここは、バシッと、書いてやろうじゃないか。。。

 

とは言うものの。。。(苦笑)

 

 

普段、政治ネタには疎いのですが、この話は特にピンと来ないんです。

 

集団的自衛権についてどう思いますか?」

 

えっと。。。。

私はここで、いつも思考が停止してしまいます。

 

 

システム的に言うと、ロジックがループしてしまうというか、

バグが発生して、処理が終了してしまうというか、

そんな感じで。。。(^_^;

 

 

問いかけた人に、こんな問いを投げかけてしまうのです。

 

「えっと。その前に、そもそも「自衛隊」って良いの??」

 

憲法第九条ウィキペディアより)

  1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
  2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 

この条文を習ったのは、中学生の頃だったと思います。

 

日本国憲法の3本柱。

1.平和主義

2.基本的人権の尊重

3.国民主権

その中で、平和主義を表す条文が憲法第九条。。。

きっと誰でも一度は習った筈。

 

中学生の頃の私はこれを読んで、どうして自衛隊がOKなのか分かりませんでした。

普通に読むと、現実が間違っているとしか思えませんでした。

(いや、今でもなんですけど (^_^;)

国を守る軍隊が必要かどうかとは全く別の次元の話で、

どうしてこの憲法を堂々と掲げながら、自衛隊を持てるのか

未だに理解できていないのです。

当時の私はどうしても納得できず、大人って頭悪いんじゃないかと思ったものです。

そんな事も分からないのかと。。。(笑)

 

本音とタテマエ?

現実と理想?

大人の論理?

 

長い時間をかけて、非常に精密に「論理」を積み上げていけば、

元の主張を否定せずに、どんな「解釈」も構築できるのかも知れません。。。

それって、とても怖い事だと思います。 

 

  という訳で、

集団的自衛権についてどう思う?」

と言われても、とてもついて行けません。

答えを求めて、思考がグルグル巡った挙句の果て、

どうしたら良いのか分からなくなってしまいます。

 

う〜ん、やっぱり私はいつまでたっても「大人」になれないんですかねぇ? (^_^;