読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

残念うどん

何と言いますか。。。色々追い詰められている感じで。。。 ^^;

なかなかブログが書けない状況です。

いっそ、しばらく休もうかとも思うのですが。。。

まあ、何でしょう?

別に「連載」を抱えている身でもないので(笑)

「ブログしばらく休みます!!」

と宣言するにしても、そもそも誰に宣言するんだという話で。。。^^;

 

まあ、書ける時に書けば良いのかなぁと思う次第です。

 

さて、今日は娘の高校受験の話。

 

娘は中3でして、今絶賛高校受験活動中なのです。

最近の高校受験は、私の頃とは全然違っていまして、

子どもが少なくなった為なのでしょう。

かつての私の頃なんかとは比べ物にならない位に、広き門なのでしょう。

 

今時の高校受験は、就職活動ならぬ学校説明会通いを盛んにするんです。

担任の先生からも、

「是非たくさん回って、高校の様子を体験してきてください。

 で、少なくとも1つは、「確約」を取ってきてくださいね。」

と言われます。

 

「確約」って何??

 

確約といいますのは、文字通り「入学の確約」でして、

「あなたの入学を保証します」という高校側からの約束なんです。

別に「単願」だけでなくて、「併願」であってもこの「確約」を

貰えるんだそうです。

 

いまどき、受験日当日に伸るか反るかの一発勝負に挑む人は、この「確約」を

貰えなかった人だけだそうです。。。^^;

志望校からの「確約」が貰えたら、事実上その人の高校受験は終わるんです。

早い人は、夏ぐらいには決っているみたい。。。

 

そういう訳で、ここのところ毎週末、娘と二人で高校の学校説明会に通っているんです。

娘は成績がイマイチ(「イチ」どころではないか ^^;;)だったので、夏休みにテコ入れしたり、週末に指導したりして徐々に成績をあげてきている状態だったので、

なかなか志望校を絞りきれず、色々な高校の説明会に行きました。

 

色々な学校の説明会に行くと、その学校のカラーが良く分かる様になります。

公立高校は、やっぱり「公立」っていう感じの空気を感じますし、

私立高校は、公立に無い必死さと、その高校のカラーを色濃く感じられます。

公立は、私も公立高校に通っていたのですが、独特のノンビリした感じ。。。

良く言えば生徒の自主性に任せます的なカラー、悪く言えば無責任(は言い過ぎだけど)な感じ。

私立は、実績を上げないと学校が潰れるという危機感をベースにした一所懸命な感じ。

 

学校説明会に通い始めた頃は、何でもいいから入れてくれそうな学校に入れようという気分だったのですが、だんだんと娘に合った学校はどれだろうかと考える様になりました。

 

すっかり前置きが随分長くなってしまいましたが。。。(前置きかい ^^;)

この間の土曜日に、浦和市のとある女子校に娘と行ってきました。

前日、21時半ごろに帰宅して娘の部屋に行くと、

その日まで2学期の期末試験だった娘は部屋でダウン。。。

布団に入って寝てしまっておりました。

 

私「明日、学校説明会だろ?? ちょっと起きてよ。」

娘「うーん。。。」

娘は一旦眠ってしまうと起きません  ^^;

私「おい!! ちょっと起きて!! 明日、どこの高校に行くの? 何時??」

娘「うー。 う、浦和。」

私「いやいや。浦和高校は、いくら何でもレベルが違いすぎるんじゃ。。?

  それに男子校だよ。せめて一女にしようよ ^^;」

娘「Zzz。。。。」 

(注: 浦和高校は全国の公立高校のトップレベルの高校です ^^;

        一女とは浦和第一女子高等学校のこと。県内では超ハイレベルな女子校です。)

 

こうなってしまうと、娘はテコでも起きませんので仕方なくカレンダーの書き込みなどを参考に、明日行く高校を特定しました。

女子校かぁ。。。

 

翌朝。

午後から出社しなければならなかったので、会社に行くスーツを着て、

娘を連れて電車に乗って、2回乗り換えて最寄り駅へ。

そこから歩いて約10分で、その高校にたどり着きました。

 

どうでも良い話ですが。。。はいていたトランクスのゴムが途中で切れたみたいで

外見上はきちんとスーツ姿だったのですが、トランクスが下にずれて。。。

ラッパー腰パン状態(?)になってしまい。。。

女子校行くのに、こんな格好で大丈夫なのかとヒヤヒヤしましたが。。。

あくまで外見上は、ちゃんとしていた訳で。。。^^;

あ、まあ本当にどうでも良い話ですか。(苦笑)

 

その高校は、あんまり書くとバレてしまいますので(笑)適当にぼやかしますが、

いかにも「私立」という感じで、生徒指導が行き届いた感じで、

説明会に出てくる生徒さんたちも非常にしっかりした感じでした。

部活紹介で出てきたチア部のデモは。。。何というか訓練が行き届いている感じで

その前に見た公立高校のダンスとは全然レベルが違いました。。。

先生方も熱心な感じで、非常に好印象。

ウチの娘はぼやっとしていますので、こういう学校に入れた方が良いのかも。。。

 

それにしても、この高校。。。

かつての私の偏差値だったら、特選クラスの特待生(費用全額免除)が

取れるじゃんか。。 あ、男子だから無理か ^^;

 

全体説明会の後、個別面談になって。。。

模試の成績を見せると、

先生「この成績だと単願ならば「確約」を出せますが、

   「併願」だとちょっと足りませんね。次回の模試頑張ってもらって、

   もし、達しましたら「確約」を出します。

   また、「単願」に切り替える場合も、お受けします。」

(「次回の模試頑張ってもらって」と簡単に言ってくれる。。。 ^^;)

 

「確約」という単語を初めて言ってもらえて、どうやら娘は「浪人」しなくても

済みそうだと思い、ほっとしました。。。

 

朝の9時頃から始まった学校説明会が終わったのが13時頃。

 

学校からの帰り道。。。

密かにトランクスの具合を気にしながら(苦笑)歩きながら、

 

私「お腹すいた?」

娘「うん。朝ごはん食べていないから。」

私「何食べたい?」

娘「うーん。残念うどんが食べたい。」

私「そっか。 じゃ、行くか。」

 

「残念うどん」というのは、娘が小学生の頃、

毎年ピアノのコンクールで大宮に通っていた頃、

大抵ピアノの出来はイマイチで。。。(苦笑)

毎回二人で帰りに、大宮駅の近くにある、それはそれは美味しいうどん屋さんに行って

「残念うどん」を食べたという故事(?)の事を指している訳なのですが、

お店の名前は「やま泉」。

さだまさしさん愛好のお店です。

 

何年ぶりでしょうか。

久しぶりの「残念うどん」は、やっぱり素晴らしく美味しかったです。

 

今日はそれほど「残念」では無かったんですが、まあ良いか。。。 ^^;