読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

今年の梅干しが完成しました

梅しごと

今年は、8月の関東地方の日照時間が記録的に短かったそうです。

さもありなん。。。

 

3年前から家で梅干し作りをやっていますがが、今年は困りました。

真夏の強い日差しの日が連続3日間続く日を狙って、梅干しは天日に干す作業(土用干しといいます)をする必要が有るのですが、今年は全然干すタイミングが有りませんでした。

 

そうこうしているうちに、いつの間にか風は涼しい感じになってきて、

もう夏が終わってしまうのかと焦っていました。

 

8月25日の朝、本当に久しぶりに青空が出て、夏の強い日差しが射しているのを見て、

慌てて週間天気予報を見てみると、25日と26日は曇り時々晴れ。。。

その後は、ずっと雨の予報が続いているのをみて、イチかバチか、土用干しを決行しました。

 

f:id:shobuno:20160825073144j:plain

1日目。。。

その日は本当にいい天気で、一日強い日差しが照りつけました。

 

f:id:shobuno:20160826072935j:plain

2日目。。。

大分乾いてきました。。。

この分では、夕方には完成していそうです。

 

f:id:shobuno:20160826072941j:plain

ついでに、シソも干します。

これは、カラカラに乾かしてから砕いて「ゆかり」にします。。。

 

イマイチの天気予報に関わらず、2日共すっきり晴れてくれたおかげ様で、星終わりました。。。

 

f:id:shobuno:20160828231736j:plain

小瓶に分けたのはご贈答用(笑)

約10kgの梅干しの完成です。(パチパチ)

一時はどうなることかと思いましたが、何とかできました。

試しに一個食べてみましたが、出来立ての梅干し独特のフレッシュな味わいで、

今年もなかなかの出来です。。。

 

<オマケ>

f:id:shobuno:20160828231807j:plain

台風が近づいてくる事もあって、ベランダのミニマスクメロン「ころたん」を収穫しました。

ちっとも「ミニ」じゃありません。。。 ^^;

1週間ほど、こうして熟成させます。

来週が楽しみです。。。

 

STETECO...??

つぶやき

今年の夏はとても暑くて、岡山へ帰省するのに長ズボンは嫌だなぁ。

向こうに着いたら、気軽に半ズボンで過ごしたいなぁ。。。

 

という訳で、岡山への移動中、新大阪で途中下車した時に、半ズボン目当てに、

ユニクロに寄っていく事にしました。

 

半ズボン、半ズボン。。。

 

私が半ズボンを愛用していたのは、思えば小学生の頃。。。

半ズボンと言えば、何故か友達のHくん(現在、血圧の件でお世話になっているお医者さま ^^;)とか、冬でもランニングシャツに半ズボンで通した近所のNくんなどを連想しますが。。。

私自身は、中学生以降は恥ずかしかったのか、夏でもずっと長ズボンで過ごしました。

 

でも、この歳になると、もう楽なら何でも良いやという感じになりますね。

半ズボン半ズボン。。。

ちょっとだけウキウキして、お店に入りました。

 

お店の奥の方に。。。あった。

大きなポスター。

そうそう、こんな感じこんな感じ。。。

f:id:shobuno:20160824215809j:plain

ユニクロのサイトより引用です)

 

良いじゃん。。。涼しそう。

 

あれ。。。??  えっ?!

「STETECO」って、ステテコのこと??

 

えー!?

 

ちょっと待って。。。

ステテコって、確か股引だよね。。。ラクダ色の。。。

(グンゼ)GUNZE 快適工房 年間 綿100% 長ズボン下 KH25029 01 ラクダ M

そうそう。↑こんなの。。。

 

なにこれ、このお兄さん達、格好いい風に佇んでいるけど、下着丸出し?? ^^;

 

お店で混乱してきました。。。

えっと、私が欲しかったのは、ステテコじゃなく、半ズボン。。。

Hくんが穿いていた様な半ズボン。。。(くどい ^^;)

 

で、お店をぐるっと一周したんですが、求めていた半ズボンは見つからず、

それに最も近いものは、STETECOだけでした。。。

 

うーん、どういうこと?? 

 

もしかして、世の中には大人用の半ズボンは無くて、

大人はステテコを履かないといけないの。。。?

あ、でも、ステテコって下着だったはず。

下着で外を出歩いても良いんだろうか。。。? ^^;;

 

あのポスターのお兄ちゃん達は、きっと大丈夫そうだから。。。

良いのかな。

 

よく見ると、この STETECO ポケットとか付いているし、

生地も、しっかりしていて、ズボンっぽいです。。。

 

きっと、「ステテコ」では外出はいけないけど、「STETECO」は大丈夫なんでしょう。

言われなければ、誰もこれが「ステテコ」とは思わない。。。かも。

 

と、自分に言い聞かせて、「STETECO」を2枚購入しました。

おかげで、岡山は、COOLに過ごす事ができました(笑)

 

ところで、ステテコ。。。本当の所どうなんでしょう?

帰省して大分経ちましたが、ちょっと気になります。

 

例によりまして、ウィキペディアからの引用です。

語源[編集]

語源は1880年頃、初代(本当は3代目)三遊亭圓遊が「捨ててこ、捨ててこ」と言いながら、着物の裾をまくり踊る芸「ステテコ踊り」の際に着物の裾から見えていた下着であったためとする説と、着用時に下に穿いた下着の丈が長く、裾から下が邪魔であったため裾から下を捨ててしまえでステテコと呼ばれるようになった説があるといわれている。

歴史[編集]

着物や袴の下に穿く下着として、明治以降の日本の近代化に伴い全国的に普及した。

戦後、繊維業が隆盛となった日本では高温多湿の気候に合わせて素材や織りを工夫した楊柳クレープキャラコ織の物が登場した。長年、中高年の男性によってインナーとして使用されており、メーカー各社が無地白色のものを中心に販売している。1988年に不織布メーカーが「21世紀にはなくなっているか、なくなってほしいと思う服飾品」をアンケートしたところ、「ステテコ」「ももひき」を挙げた生徒がともに6割に上った。[1]

また、柄がプリントされたステテコも発売され、夏のルームウェアとして人気を集めている。このプリントされたステテコの購買層は長らく中高年の男性が中心であったが、2008年に肌着メーカーのアズが若者向けの「ステテコドットコム」を立ち上げ、よりデザイン性がもたされた商品が発売され、若者にもステテコ人気が拡大している。シャツに模様をつけてTシャツ、ランニングからタンクトップができたと同じ発想の転換を果たしている。

2011年ワコールが「女子テコ」を、2013年ユニクロが「リラコ」(Relax & Comfort Pants)を発売[2]

 

どうも、昔から下着として普及してきたものが、最近、若者が外でも着れる様なものになってきた、という所みたいですね。。。

 

そっか。。。これで安心して外で着れそうです。。。 ^^;

 

ESXARをせいぞうしよう!

つぶやき

日曜日に児童館(?)の夏休み企画に行ってきました。

題して、親子de電子工作「IoT自動マシーンをつくろう」

 

親子で基板づくりの体験をしたあと、スマホやセンサにつなげて自動で動くマシンを作ろう!

対象:小学生以上のお子様とその保護者の方。

参加費:1500円

 という事で。。。

部屋に入ると、小学校低学年の子とお母さんが7組、ウチを入れると8組。

うちの子(小6)が、恐らく最年長。。。

 

基板づくりっていうと、エッチングとかするのかな?

ハンダ付とか懐かしいなぁ。

まあ、小学生向けってことは楽勝だよな。。。

 

なーんて、ちょっと舐めてかかっていました。

 

いかにもマニアックな先生と、ちょっと体育会系のおじさん先生。

それと、女子高生ぐらいのアシスタントのお姉さんが3名。

 

まず、配られた資料冊子が2冊。

 

デベロッパーズマニュアル↓と、

f:id:shobuno:20160823225404j:plain

え?? デベロッパーズ?? 

 

f:id:shobuno:20160823225343j:plain

パワポっぽい資料↑。

 

「せいぞうしよう!」って、いかにも簡単そうに書いてありますが。。。

ESXARって何だろう??

 

一枚めくると。。。

 

f:id:shobuno:20160823230240j:plain

な。。。なるほど。 ^^;

 

先生が下を向きながら、ぼそぼそと、50インチぐらいのモニタに映し出される画面を見せながら、なにやら説明を始めました。。。

 

画面の文字は小さすぎて見えません。

先生の言っている事が早口すぎてさっぱり分かりません。。

 

先生「では、始めてください。。。」

 

えっ?! ちょっと待って!! ^^;;;

お母さん方も呆然としています。

 

資料をめくると。。。

f:id:shobuno:20160823230251j:plain

。。。。あ、分かった。

ひらがなで書けば、簡単だと錯覚しているんだ、コレ作った人。。。

 

「どうさチェック」ぐらいしか分かりませんよコレ ^^;

 

「先生っ!!」

あちこちから、悲鳴の様な声が上がります。

 

まず、「じぐをつくる」をしないといけません。。。

f:id:shobuno:20160823230304j:plain

じぐって何だ。。。??

「はる」?? 春??

あ、「プラ容器を切って貼る」のか。。。

 

「あおいのをつくっておく」

何じゃそりゃ。。。

 

何だか楽しくなってきます(笑)

 

お姉さんを呼んで、一つ一つ何をしたら良いのか確認しながら進めることにしました。。。

 

次のページ。。。

f:id:shobuno:20160823230312j:plain

先生「あ、これやらなくて良いです。午前中これをやってたら、ものすごい時間がかかって、大変なことになってしまいましたので、こっちで調整しました。」

 

そ、そうなんだ。

じゃ、次のページ。。。。

f:id:shobuno:20160823230319j:plain

んん?? 

きっと、これもやらなくて良いんだろうな。。。

みんなパニック状態で、先生もお姉さんも捕まえられません。。。

 

次のページへ。。。

 

f:id:shobuno:20160823230328j:plain

お姉さんが

「あいまいにやろう!をやってください。」

別のお姉さんが

「あいまにやろう!だよ。。。」

「え?! 私、コレ「あいまいにやろう」だとずっと思ってた」

「あいまいにやったら駄目でしょう(苦笑)」

f:id:shobuno:20160823230333j:plain

あいまいはダメらしい。。(苦笑)

 

これって、いっその事、回路図を見せてもらった方が分かりやすいんじゃ。。。? 

息子はもう訳が分からなすぎて、飽きはじめてきました。。。

 

f:id:shobuno:20160823230341j:plain

「くりーむはんだ」が配られました。

灰色のべっとりしたペースト。

配られた量が少なすぎて、上手く基板に塗れません。。。

この「くりーむはんだ」を基板の金属面に塗って、その上に部品を乗せて、

熱で溶かしてくっつけるんですが、肝心の「くりーむはんだ」が足りない。。。

基板のパターンに上手くハンダが乗っている自信がなくて、何度も先生にコレで良いか確認しました。

 

先生「うん。大丈夫。」

 

そういうものなのか。。。??

 

次は、「くりーむはんだ」の上に部品を乗せていきます。

この行為を「リフロー」と言うらしい。。。

どうでも良いけど、ここだけカタカナなのね(笑)

f:id:shobuno:20160823230348j:plain

f:id:shobuno:20160823230353j:plain

部品が小さすぎて、置くべき位置がシビア過ぎて、ピンセットが必要でした。

子供たちではちょっと難しい。。。

親たちが必死に乗せていきました。

 

部品が全部乗ったら、先生に確認して、OKがもらえたら、基板をホットプレートに置いていきます。

 

熱でハンダをとかしたら、動作チェックです。

f:id:shobuno:20160823230359j:plain

f:id:shobuno:20160823230405j:plain

パワポを見ても何をするのかサッパリです。。。

先生に基板を見せると、先生はパソコンに基板を繋いで、動作確認してくれました。

 

LEDがチカチカ順番に点滅しました。

 結果は、OK。

 

おお! 感動の瞬間でしたが、私達が何を作っているのかイマイチ分かりません ^^;

 

この辺りで、上手く動かない人が続出。

辺りは大騒ぎになり始めました。。。。

 

予定の2時間はとっくに過ぎていました。

 

私の所は、基板にセンサーを繋いで、最終動作チェックを試みる事になりましたが、

全く動かず。。。 ^^;

 

周囲を見渡しても、「できた!!」と言っている所が一つも有りませんでした。

 

先生がみんなの基板をチェックして、ハンダを付け直したりしていましたが、

上手くいかない様子。

 

3時間を超え、子供たちの集中力も限界に。。。

 

先生待ちの間、私はデベロッパーズマニュアルを読み始めました。

どうも、今回作ったのは、wifi 付きのプログラム可能なチップで、センサとプログラムを組み合わせて色々な動作をさせる事ができるモノの様でした。

スマホから、信号を送って動作制御させるとか、パソコンにつないで、C言語でプログラムを書きこむとか、直接CDSや熱センサや磁気センサを付けて動作させるとか出来るみたいです。

 

小学校低学年の子ども向けの講座で、一体何をさせるつもりだったのだろう。。。^^;

マニュアルに、足りない部品は秋月電子で売っているとか書いてあるんだけど、

秋月電子知っているお母さんが、この中にどれだけ居るのだろうか。。。(汗)

 

マニュアルを読んでいると、お姉さんが申し訳なさそうに

「本日は、大変申し訳ないんですが、時間内に完成させる事は無理なので、

 基板をこちらで預からせて頂いて、動作できる様にしたものを後日

 お送りいたします。

 お手数ですが、ご住所を教えて頂けないでしょうか?」

 

がーん。。。。

 

こうして、基板を完成させることは出来ないまま、その日は終了したのでした。

 

 

クリーム半田を使って、プリントパターンに部品をセットする方法は、

現在主流の方法なんでしょうか? 部品がものすごく小型化しているから、

きっとそうなんでしょうね。

それを実際に体験する事ができたのはとても良かったんですが。。。

小学生向けの企画としてはちょっと。。。 ^^;

大人向けの企画としてなら有りだと思いますが、回路図とかしっかり説明してほしかったなぁ。。。

 

とか言いつつ、結構楽しませて頂きました。

 

(久々に、何が何だか分からない状態を体験させて頂きました。 ^^;)

 

台風一過の夜(東京スカイツリー強制観光)

つぶやき

今日は、台風が関東地方に上陸した日。

夏休み明けで、一週間振りに会社に行きました。

帰りはいつもどおり、地下鉄半蔵門線から東武スカイツリー線直通の電車に乗って、

のんびりと、本などを読んでいたのですが、突然車内のアナウンスが流れ出しました。

 

北千住駅が混雑しているため、当電車は押上止まりに変更します。

 申し訳ありません。」

 

訳も分からずに、電車を降ろされました。

 

えっ?! ここはどこ??

「押上」って、いつも通過していますが、ここからどうやって帰れば良いの??

駅に降りると、アナウンスが流れています。

 

「本日は、東武スカイツリー線への接続を中止しております。

 東武スカイツリー線に行かれる方は、A3出口から出て、

 スカイツリー駅まで行ってください。」

 

ちょっとちょっと。。。

スカイツリー駅ってなに?? ^^;;

 

ちょっと前まで、「東武スカイツリー線」は「東武伊勢崎線」と言っていました。

スカイツリー駅」なんて、昔はありませんでした。(当たり前か(苦笑))

そんな事を言われてもイマイチピンときません。。。

(今しらべてみたら、「業平橋」が前の名前でした。ああ、それなら何となく分かる。。。)

 

人の流れに乗って外にでると、目の前に巨大な奴が目の前に塞がっていました。

f:id:shobuno:20160822194217j:plain

で、でか。。。 

(近くに住んでいる癖に東京スカイツリーにはまだ行った事が無いんです。 ^^; )

闇に浮かぶそれは、化物じみている程巨大でした。

平凡な日常生活を破って、突如目の前に現れた非日常。。。?

 

ゴジラもこのぐらい大きいのかなぁ??

(そういえば、シンゴジラ観たいなぁ)

 

ものすごい迫力です。

思わずiPhoneを取り出して、パシャパシャ撮り始めましたが、ふと我に返って周りを見ると、たくさん人が歩いているのに、誰も写真を撮ったりしている人はいませんでした。。。

心なしか、みんな不機嫌そうな表情を浮かべています。。。

 

あ、そうそう。

電車を強制的に降ろされて、歩かされていたんだった。。。 ^^;

 

そのあと、無事に「スカイツリー駅」に辿り着き、朝のラッシュ以上にぎゅうぎゅう詰めの電車に乗ってなんとか無事に家に帰りました。

 

これまで特に関心は無かったのですが、スカイツリー

観に行っても良いかも知れない。。。

 

(まあ、でも、今日のスカイツリーには勝てないかもね。。。)

 

夏休みが暮れていきます

つぶやき

♪ 君の〜 線香花火を 持つ手が震える 揺らしちゃ駄目だよ 言ってるそばから

 火玉がぽとりと おちて ジュッ ♪ (さだまさし 線香花火 より)

 

いやあ、この頃のさだまさしさんの声、大好きなんです。

f:id:shobuno:20160818205925j:plain

帰省の最終日の線香花火の写真。

 

岡山へ行ってきました。

今年は、最初の一週間は子供たちだけで行かせて、残りの一週間(いや、4日間だけ)大人が合流しました。

 

残念ながら、オニヤンマに出会う事はできませんでしたが、

森林公園に行ったり、プールに行ったり、夏を満喫してきました。

f:id:shobuno:20160817094832j:plain

f:id:shobuno:20160817095409j:plain

 

子どもだけの帰省は、緊張感が有ったらしく(笑)、家では決して自分から勉強したりしなかったのに、田舎では頑張って勉強したりお手伝いしたりしたみたい。。。

お互いにプラスになるので、癖になりそうです ^^;

年末もこの作戦で行きたいです。

 

約一週間の夏休みもあと1日。

すっかり仕事をしない生活に慣れてきてしまい、来週から仕事に復帰できるのか大変不安です(笑)

 

草加に戻ってきましたが、週間予報を見たら来週一週間ずっと雨の予報。。。

一体、いつ梅干しを干せば良いんでしょう?? 

 

 

あ、そうそう。

今日は、誕生日でした。

たくさんお祝いのメッセージを頂きまして、とても感謝しています。

 

f:id:shobuno:20160820201600j:plain

恒例のアイスケーキ。

 

何歳になったんだっけ。。。?

確認してびっくり。。。

 

ええ〜!?

 

外見ばっかり歳をとってしまって、中身が追いついていかない感じ。。。

自分がこんな年齢になるとはねぇ (あえて年齢は語るまい ^^; )

 

3年目の梅干し造り

つぶやき

f:id:shobuno:20160813064503j:plain

梅雨明け以来、「3日連続で晴天の日」を待っているのですが。。。

ここ草加市では、なかなか来てくれません。

 

昨日、ようやく連続3日間の晴れの予報が出たので、今年の梅を天日にさらしました。

1日目は、干した後に梅酢に戻して、2日目〜3日目で干し上げるのです。

毎年思いますが、初めて外に出した梅は実に鮮やかです。

 

梅干し造り3年目です。

 

我が家の製法は、古式ゆかしいみたいで、

年配の人におすそ分けをすると、

「亡くなったお母さんを思い出した。今こういう味の梅干し売ってないんだよね」

と言われて、とても好評だったので、今年は10kgも漬けた訳なのですが。。。

 

今朝起きてみると、曇り空。。。 ^^;

 

えー!?

 

慌てて週間天気予報を見ると、連日曇りの予報に変わっていました ^^;;

明後日から、しばらく岡山に行きますので、

梅干し造りは、一旦休止。。。

 

天候だけはどうにもなりませんね。

長らく農業(ただのベランダ水耕栽培(苦笑))をやって至った境地。。。

(というのは大げさだけど)

 

来週帰ってきてから、改めて干す事にしましょう。

 

幻のオニヤンマと子供たちの帰省

つぶやき

初めての試みとして、今週の頭から、子供たち(高1娘、小6息子)だけで、妻の実家に「帰省」させています。

おかげで今週は家が異様に静かです(笑)

 

月曜日の朝、羽田空港まで送ったのですが、別れ際、小心者の息子は悲壮な表情を浮かべて、いつまでも私に手を振っていました。

 

その夜届いた息子からのSMS。

「心配と不安で押しつぶされそうです。」

。。。小学六年生の時、私はこんな文章が書けただろうか。。。? ^^;

 

大丈夫かなぁと思っていたら、娘から水曜日に届いた写真。。。

ついにオニヤンマを捕まえました!

f:id:shobuno:20160810173452j:plain

全然大丈夫そうです。。。(娘は。)

 

っていうか、「昆虫博士」と呼ばれていたこの私も達成したことのない偉業を成し遂げていました ^^;

 

でかい。。。

きれい。。。

いいなぁ〜

 

私は東京(の北の外れ)育ちでして、東京にはオニヤンマはいません。

と自信を持って書いたのですが、まてよ。。。

調べてみると、東京にもいるみたいですね。

絶滅危惧種扱いみたいですが。

へぇ。。

 

子どもの頃、空き地とかで散々昆虫採集をしましたが、オニヤンマを見た事はありませんでした。

図鑑を食い入る様に見て、

「日本最大のトンボはオニヤンマ

「大きな目と黒と黄色のシマシマ模様」

「全長10cmぐらい」

という事は「知って」いましたが、生きている姿を見た事はありませんでした。

唯一実物を見たのが、上野の科学博物館。

巨大な恐竜の展示の前に、干からびて色あせた標本でした。

 

大人になっても生体を見た事が無かったんですが、妻(岡山出身)の実家に行った時に

ふと空を見上げると、巨大なトンボの群れ。。。

もしかして。。。??

 

思わず(まだ結婚していなかった)妻に、

「ねえ、アレってもしかしてオニヤンマじゃないの?」

「うん。(それが何?)」

 

「えー! 凄い凄い!! 生きているオニヤンマがあんなにたくさん飛んでいるよ!」

思わず興奮してはしゃいでしまいました。

 

後で、聞いた話ですが、このとき妻は、この人大丈夫なのか? 

と本気で思ったそうです(^^;)

 

それから幾年月。。。

 

岡山へ行くたび、何度もオニヤンマの捕獲を試みましたけれども、ものすごく速くて、警戒心(?)も強いみたいで、とても捕まえる事ができませんでした。

 

娘に先を越されてしまいました。

しかし、どうやって捕まえたんでしょう??

 

うらやましいなぁ。。。

羽の感触は、他のトンボと同じようにジャリジャリしているんでしょうか??

 

 

ところで、息子の方はというと。。。

彼からも写真が届きました。

f:id:shobuno:20160808173116j:plain

うーん。。。大丈夫なのか?? (うまいじゃないか ^^;)

 

私たち大人が岡山へ行くのは、来週の予定です。

 

オニヤンマ、捕れるかな??