読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

宇宙ぅ〜戦艦〜やぁ〜まぁ〜とぉ〜 ♪

宇宙戦艦ヤマト2199というのを観ました。

最初の宇宙戦艦ヤマトを今の技術でリメイクしたものです。。。

 

 宇宙戦艦ヤマトが初めて放映されたのは、私が小3の頃だった筈なのですが。。。

(年がバレるぅ (^_^;)

当時、強力な裏番組(っていうか表番組か。。。(笑))

アルプスの少女ハイジ」が放映されていまして、

当時の私はこっちの方に夢中になっていました。

 

 私が宇宙戦艦ヤマトに出会ったのは、小5の頃。。。

再放送を観て、夢中になりました。

当時、この再放送によって、この番組を知った子供たちは多くて、

世の中では、ちょっとした「ヤマトブーム」が起こりました。

後世でいう「エヴァブーム」に近い感じでしょうか。。。?

 

当時の男の子達は、プラモデルを作ったり、「豪華本」を買ってもらったり、

していました。

私の場合は控えめで、朝日ソノラマのヤマト本を読んだり、

透明の下敷き(中に紙を挟めるやつ)に、雑誌から切り抜いたヤマトのページを

入れて悦にいったりしていました。。。

 

宇宙戦艦ヤマトはTVシリーズのヒットの後に、映画化されまして

宇宙戦艦ヤマト

「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の旅立ち 愛の戦士たち」

「ヤマトよ永久に」

宇宙戦艦ヤマト 完結編」

など、次々と製作され、別のTVシリーズも作られたりしましたが、

回を追う毎に品質は低下し、迷走を繰り返すうちに忘れられてしまいました。

 

 まあ、でも最初のヤマトは画期的で、後の宇宙モノのアニメに多大な影響を

与えました。

「エネルギー充填120%!」という言葉とか

ヤマトに影響を受けた「宇宙戦艦」が、その後続々とアニメに登場しました。

 

リニューアルされたヤマトはどうでしょうか?

プロモーションを御覧ください。。。


宇宙戦艦ヤマト2199 第一章 遥かなる旅立ち PV02

どうですか?

当時、絵のクオリティーはそれ程高くないと思っていましたが、

すっかり現代風な絵に変わって、生まれ変わりました。。。

ストーリーは、ほぼオリジナルと同じ感じですが、微妙に訂正されています。

 

当時、色を塗り間違えてしまって肌色に塗ってしまった冥王星司令官の

シュルツさんやガンツさんが、実はデスラー総統に植民地化された星出身の

「二級市民」だったとか、言い訳 理由付けられていたり (^_^;

何でも兼任していた森雪の役割を分割整理して、森雪本体(?)は

ブリッジ要員になり、看護婦さんとか他の船内女性要員は何人かの

キャラクターに分割されたりとか、スターシアの姉妹は実は3人いて、

波動エンジンを持ってきた妹はもっと前に地球に来ていたとか。。。

アンドロメダの土方艦長が登場したりと、ストーリーのバックグラウンドを強化しています。

 

当時も迫力が有った艦隊戦のシーンは健在。

オリジナルのストーリーを残しつつ強化されて、

旧作を知る者をニヤリとさせます。。。

 


「宇宙戦艦ヤマト2199 第二章 太陽圏の死闘」 PV 120秒バージョン

 

CGを上手く使っていますね。。。

ワープとか、反射衛星砲とか、波動砲とか、きちんと再現されていて、

観ていると子供の頃のワクワクが蘇ってきます。。。(笑)

監督の出渕裕の力でしょうか。。。実に見事に現代版ヤマトが蘇りました。

 

 

子供たちに見せたら、

「何これ? つまんない。。。」

とバッサリ切られてしましました。。。(苦笑)

 

 現代の子供たちにはウケないかも知れませんけど、

当時少年(少女?)だった方々には、一見の価値が有ると思います。。。

 

(★★★★☆ 星4つ)