読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

私はshobuno(仮名(笑))の妻ですっ!!(再)

f:id:shobuno:20130615115829j:plain

お散歩中に発見した見事なアジサイ

今が盛りと咲いていました。

白いアジサイをみて。。。モリアオガエルの卵の話を思い出したのはナイショ(笑)

 

 

ベランダのトマトを網に縛り付ける作業をしていて、ビニール紐をカッターで切っていたら、手が滑って太ももをスパっと切ってしまいました。。。

 

「いつつつ。。。」

 

幸い傷は浅かったのですが、みるみる血が一直線に滲んできました。

 

妻「どうしたの、それ?」

私「だ、大丈夫。これしきの傷、どうということはない。。。」

妻「おまえは、中二病かっ? (怒)」

 

 

 昨日は、気持ち悪いエントリーを読んでしまって、

それを間違っているという文書を書くのも何か違う気がして、

ぼのぼの」の話で逃げてみたりした訳ですけれども、

やっぱり気持ちが悪いまま。。。

 

こういう時は莫迦(ばか)な話を書いてスカッとしよう!

 

 

という訳で、前に書いたネタの再構成版で申し訳ないですけど。

とびっきり お莫迦な思い出話を。。。

(あ、この「莫迦」は、新井素子さんが良く使っていたのですが、

 語感が柔らかで、好きな表現です。)

 

 

 

それは、私が小学6年生の頃のお話です。

 

修学旅行で栃木県の日光へ旅しておりました。

その何日目かの夜の事です。

広いホールに全学年のみんなで集まって、出し物をしていました。

私の小学校は、全学年で3クラスだったので、120人程は集まっていたでしょうか。

グループ毎に、歌を歌ったり短い劇をやったり、手品をやったり

していたんだと思います。

 

自分のグループは何をしたのか、全く覚えていません。

 

ただ覚えているのは、ホールの床に直接体育座りで座っていたこと、

ホールを照らす光は電灯色で、少し黄色味を帯びていたこと、

ホールの床は、良くニスが塗られていてピカピカだった事ぐらい。

 

あの時私は、出し物を熱心に見るでもなく(だって、あんまり面白くないんだもの)、周囲の友達とお喋りしたりしながら、まったりと過ごしていました。

 

 女の子のグループが出てきて、何か始めようとしました。

私はぼんやりと見ていたのですが、

ああ、ウチのクラスのグループだな。。。ぐらいにしか思いませんでした。

 

そのグループのリーダの子(Nさん)がおもむろにマイクを手に取って突然、

 

私はshobuno(仮名(笑))の妻ですっ!!

 

大声で、堂々と言い放ったのでした。

 

 

「・・・・・?」

 

一瞬、何が起こったのか分かりませんでした。

(勿論、小6の当時、私に妻と呼べる方はいませんでした(苦笑))

周りの皆も余りの事にリアクションできず、皆息を飲んで私を見ました。

何十人(百人以上?)の目が、私に集中して痛い程でした。

 

えっ?! 

何っ?!

どうしてっ??

オレっ?!

 

一瞬で、私の自己保身回路が起動しました。

これを上手く対応できないと、後でイジメのネタにされてしまうかも。。。

ど、どうしよう。。。?

 

 私の思考は加速して、周囲は白黒のストップモーションの映像になり、

音も聞こえなくなりました。

人間、ピンチの時は脳が緊急モードになると言いますが、まさにそれでした。

(走馬灯が見えるとか、アレですね (^_^;)

 

だめだ。こうなっては手の施し様がない。。。

 

それにしても何という度胸、何という強引さ、そして皆を楽しませるという意味で

これ程効果的なパフォーマンスが有るだろうか?(。。。いや無い)

すごい! 面白い!

 

自分のピンチの事を一瞬忘れて、思わず笑い出してしまいました。

すごいよ。。。本当に。。。

 

私は、このまま笑う事に決めました。

私があんまり笑い転げたせいか、余りも堂々とした宣言だったせいか、

幸い、その後余り冷やかされたりされる事もなく、

その後そのNさんとも特に(恋愛的には)何も無く、

その話は比較的短期間のうちに、皆に忘れてもらえました(笑)

 

 

それにしても、あんなにびっくりさせられた事はその後ありません。。。

あの「妻の人」は今も元気にやっているのでしょうか? 

(いや、別に会いたい訳では無いのですが。。(笑))