読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

今週のお題「お引っ越し」

思い出 お題

今週のお題「お引っ越し」

 

私が生まれたのは、両親の実家のある富山県で、当時両親は東京都荒川区の、

三河島という所に住んでいて、しばらくそこで暮らしていたそうです。

当時三河島は空気が悪くて、赤ちゃんだった私は夜泣きはするは、

すぐに体調を壊すは、大変手のかかる子供だったそうです。

 

父は、繊維問屋の丁稚奉公をしていたそうなのですが、働きが認められたのか

(良く知りません (^_^;) 

店を持たせてもらえる事になり、東京都足立区に引っ越して小さな洋品店を

開く事になりました。

これが、私の生まれて初めてのお引越し。。。なのですが、

残念ながら、生後1年未満だったので、

いくら神童だった私でも、さすがに覚えていません(笑)

 

それから、大人になって結婚する事になって、

埼玉県草加市に新居を構える事になるまで、ずっと足立区に住んでいました。

ですので、「お引越し」というと、この草加市に移り住むまで無かった。。。筈?

 

ん?

 

ああ! 20才位の頃、実家を立て直す事になって、

一度近くの賃貸マンションにお引越しをした事がありました。

20年程住んだボロい、地震が来ると今にも壊れてしまいそうな家でした。

家財道具と言っても、本当に大したモノは無くて、

あの時、かなりのモノを捨てました。

 

どうしても必要なものを、家族みんなで手分けして、

引越し先のマンションに手で持って運びました。

(冷蔵庫とか、大変だった様な記憶がうっすらありますね (^_^;)

お引越しは数日かかりました。

 

いよいよ最終日、最後に残った荷物は「布団」でした。

これを運び込んだら、古い家とお別れ。

マンション生活が始まる。。。

 

季節は夏。

もう日はとっくに暮れていて、夜空になっていました。

父、母、弟、私の4人。

めいめい、緑色の唐草模様の大きな風呂敷に自分の布団を包んで、

背中に背負って、マンションに向って歩きました。

 

私「これじゃあ、まるで泥棒みたいだね(笑)」

母「こんな絵に描いたような泥棒いないよ(笑)」

私「こんな所をお巡りさんに見られたら、怪しまれそうだね。。。」

皆「(笑)」

 

ふと、前方に人影が見えました。。。。

ん?

目を凝らして見ると、制服姿。。。

まさかのお巡りさんでした。

彼は怪訝そうに、こっちを見ていました。

 

家族4人、みんな固まってしまいました。。。 

 

私「!? こ、これは違うんです! ナニガ?(^_^;」

思わず、言ってしまいました(笑)

 

お巡りさんは、私達の様子を見て、苦笑を浮かべながら、

「良いから良いから。。。」

と手を振りながらすれ違って行きました。

 

いや、もう何が何だか。。。

って、何の話でしたっけ。。。? (^_^;