読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

シンバル奏者って気楽??

思い出

オーケストラでシンバル叩いてるやつって他と同じ給料もらってんの?

という記事を読みました。。。(笑)

 

基本的には、年齢が同じなら同じ給料だそうで。。。

ふーむ、それで良いのかなぁ?

打楽器の人ってお得かも知れないなぁ

とか、呑気に考えていたら、ふいに記憶が蘇りました。

 

そうだった。。。

 

そう言えば、私も「シンバル奏者」だったんだ。。。 (^_^;

 

あれは、私が小学5年生の頃。。。

 

音楽の授業が終わった後に、先生に残る様に言われました。

 

「shobunoくん。卒業式の演奏をしなくちゃいけないんだけど、

 合奏クラブだけでは人が足りないの。

 手伝ってくれない?」

「えっ?! でも。。。」

「笛もオルガンも上手いじゃないの、大丈夫。練習すればすぐに出来る様になるわ。」

「うーん。。。はい。。。」

 

それから、地獄の練習三昧の日々が始まり。。。

放課後は毎日遅くまで残り、休日も何日か費やし、本番に向けて頑張りました。

私は、当時は「出来る子」だったので(笑)、程無く既存メンバーに溶け込み、

すぐにレベルも追いつき、本番ではきっちり仕事を果たしました。

 

私が担当したのは、主に(足踏み)オルガン部隊。

蛍の光」とか「今日の日はさようなら」とか演奏しました。

あと、「校歌」では、シンバルも担当しました。。。

 

シンバル。。。

 

これが意外に難しいんです。。。

一人しかいないし、とても大きな音が出るんです。

特に演奏者は、ある意味一番近いので、殊更大きな音に聞こえるんです。 (^_^;

タイミングを外したり、間違えたりすると凄く目立ちます。

絶えず叩く訳ではありません。

曲のアクセントになる部分に、一発「バーン!」と打つ訳です。。。

 

校歌ですから、いきなりクライマックスは来ません(笑)

演奏の前、ドキドキして、

演奏が始まっても、「その時」が来るまでじっと待っていなくてはなりません。

ドキドキが高まるばかります。。。

 

 

クライマックスが近づいてくるぞ。。。 (^_^;

心臓がドキドキして、はちきれんばかりになる頃。。。 

 

その時が来ます!

 

「バーン!」

 

と決まれば良いのですが、上手く叩かないと響かなかったり、

変な音がしたりするんです。

気後れしたりすると、充分な音量が出なかったりします。。。

(私はなかなか大きい音を出せなかった。。。)

 

勝負は一瞬だけ。

上手く出来るかどうかは、叩いてみないと分かりません。。。

 

その緊張感たるや、オルガンの比ではありません。

とんでもない楽器です。

 

猛烈に緊張しつつ、何とか無事に卒業式を終えて。。。

やれやれ。もう二度とシンバルなんて使いたくないとか思っていたら、

先生がやってきて、

 

「shobunoくん、もう暫くやってくれない?」

「ええっっ?!」

「メンバーが足りないのよ。」

「。。。。(涙)」

 

という訳で、毎週の朝礼の演奏で、暫く「シンバル」で参加するハメになって

しまいました。。。 (^_^;

何回演奏したか分かりませんが、最後まで慣れませんでした(苦笑)

 

 

そうだった。。。

 

シンバル奏者は、みんなよりも むしろ多めにギャラを貰うべきです! (^_^;