shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

2016年冬アニメが終わりました

◆無彩限のファントムワールド


TVアニメ『無彩限のファントム・ワールド』 PV第2弾

人間の脳のエラーによって、見えない筈のファンタジーな

世界が当たり前の様に見える世界という設定は、面白いです。。。

そういう舞台が有れば、色々なお話が作れそうです。

うん。そこまでは良かったけど、肝心なストーリーが弱いんですよねぇ。

一話完結モノとして、ぼーっと見るには良いのだけれども、

折角の京アニですから、その先に行って欲しかった。。。

(★★☆☆☆ 星2つ)

 

◆亜人


アニメ「亜人」第2弾PV

終わってないじゃん。。。 ^^;

続きが気にる作品ですが、時間が経ったら忘れそう。

死なない生物「亜人」の設定に問題があるんじゃないかな。

話を単純化し過ぎてしまってリアリティが不足してしまった感じ。。。

友達くんとか、妹とかどうなっちゃったのよ。。。? 

主人公もイマイチ描ききれていなくて、安心して応援できない。

それに引き換え、サトウさんは素敵でした ^^;

 いっそ、サトウさん物語にしてしまった方が良かったんじゃないでしょうか?

最終回に、サトウさんの目が開いたのがとても怖かったです(苦笑)

(★★☆☆☆ 星2つ)

 

 

◆灰と幻想のグリムガル


TVアニメ『灰と幻想のグリムガル』PV第2弾

ちょっと見て、演出がゆっくり過ぎて、一旦切ったのですが、

評判が良いのに気づいて、先を観てみたら意外と面白かったという作品。

でも、やっぱりゆっくり過ぎて、ストーリーは進まないまま終わってしまいました。

全体的に描写はとても丁寧、戦闘シーンもリアルに描かれていてドキドキするんですが、やっぱりテンポが遅い。。。

このテンポで行くのなら、もっと期間を取ってたっぷりやって欲しかったですね。

続き、やってくれるのかなぁ?

(★★☆☆☆ 星2つ)

 

 

昭和元禄落語心中


TVアニメ「昭和元禄落語心中」PV③ rakugo shinju animation PV3

これは、文句なく面白い!

んだけど、ここで切るかぁ。。。 ^^;

回を重ねるごとに声優さんの落語が上手くなって来るのは、

「成長」を表現するための演出? ^^;

落語に興味がある方にオススメの作品ですね。

2期製作が決まっているそうで、この後の話が観たいので今回星は控えめにしておきます。

(★★☆☆ 星3つ)

 

 

僕だけがいない街


2015年1月放送アニメ「僕だけがいない街」PV #Boku Dake ga Inai Machi #Japanese Anime

とても面白い! 

最後駆け足になってしまいましたが、1回1回とても良くまとまっていて

毎週ハラハラさせられました。

映画版は失敗の噂がありましたが、テレビ版は成功したんじゃないでしょうか?

小学生時代の世界がとてもいい感じに描かれていました。

ノスタルジック。。。

私が小5に突然戻ったらどうなるかなぁ。。。

とても、悟くん(主人公)みたいにはなれないなぁ ^^;

(ケンヤは、ユ◯◯フさんで、犯人は。。。 ええっ?!

 いや、考えるのはやめよう (苦笑))

原作は完結して、サイドストーリー的なものが始まったそうで、

ちょっと原作を読みたくなる作品です。

(★★★★☆ 星4つ)

 

 

◆おそまつさん


TVアニメ「おそ松さん」第2弾PV

秋から継続のアニメなのですが、やっぱり今期はコレがベストかなぁ。

赤塚不二夫生誕80週年作品という事ですが、見事な作品に仕上がっていると(私は)思います。

原作のナンセンスな感じを活かしつつ、現代に通じる作品になっていると思います。

実験的な試みも沢山あって、観ていて次はどうなるのか予想ができないところが良いです。たまに外したり、ギャグが投げっぱなしで突然終わるとかも良い。。。 ^^;

一話完結、一つ一つのお話に関連性が無くて、昭和時代に沢山放映されていたギャグアニメの形式を踏襲つつ、新しい感覚も加わって油断の出来ない作品に仕上がりました。

声優さんが有名どころばかりで。。。

おかげで、響けユーフォニアムの滝先生が、おそまつさんにしか聞こえなくなってしまって困りました(笑)

(★★★★☆ 星4つ)

 

 

しかしこうしてみると、忙しいのに沢山見ましたね。。。

あんまり仕事に忙殺されすぎると、「代償行為」が必要になってくるんですかね ^^;