読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

雨の話あれこれ

思い出 お題

今週のお題「雨あめ降れふれ」

 

「雨あめ降れ降れ母さんが♪」で始まる童謡「あめふり」。。。

小学生の頃、この「あめふり」と、

「あんまり急いでこっつんこ、アリさんとアリさんがこっつんこ」で始まる童謡

「おつかいありさん」の歌詞が、全く同じ文字数だという事に気が付きました。

当時、大発見をした気分で、みんなに教えたのですが、誰にも感心してもらえませんでした(涙)

歌詞を取り替えて歌うと、ぴったり合います。

かなり難易度が高いので、お試しあれ (^_^;

 

雨降りネタは、今からちょうど一年前に、さっちゃんの思い出を書いてしまいましたので、あれ以上ドラマちっくな話(?)は無いですね。。。

 

今日は雨にまつわる話を、パラパラとオムニバス的(といえばカッコ良いが(笑))に書いてみる事にします。

 

  ◇◇◇◇◇

 

小さい頃、地盤が低い上に排水が悪い所に私の家が建っていました。

大雨が降りだすと、私はワクワクしたものです。。。(^_^;

ザー ザー 

 

。。。おお、これは良い感じだぞ(笑)

 

弟と二階に上がって、窓から道を見下ろすと、土砂降りで道路にまるで水で出来た稲が

生えている様な感じに見えました。

暫くすると、道の両端の低くなってる部分に水が溜まってきます。

そうなってくると、道の向こう側のとりわけ低い所にある本屋さんが、

水に沈んでいきます。。。(^_^;

 

来たきた! (オイオイ。。。)

 

雨はますます激しくなり。。。我が家の前も水かさが増してきて、

一階の部分に水が浸入してきます。。。

私は子供で、バカだったので、家が水没するとワクワクしました。

我が家は、良くこうなるので、床を高くしてあり。。。(1m位)、

床上にまで水が来る事はなかったのですが、大体4〜50cmぐらいは

浸水していたと思います。

その頃になると、目の前の道路は完全に「川」になっていまして。。。(^_^;

木片やら、近所の池から逃げてきた小魚とかが、流れてきて、

それを2階の窓からぼんやり眺めていたものです。。。

 

  ◇◇◇◇◇

 

中学生の頃、剣道の帰りに土砂降りに遭いました。

道場から家までは、自転車で20分ぐらい。。。

友人が5〜6人一緒にいたのですが、空を見上げてみんなで

「ど、どうしようか?」

と途方に暮れました。

その時、私はどうかしていたんでしょう。。。

「いいじゃん、このまま自転車で突っ走ろう!」

とか言って。。。(^_^;

みんなで土砂降りの中、自転車を全速力で漕ぎ出しました。

全身に当たる雨粒が心地良くて、テンションが上がってきて、

みんなで大声で笑ったり、

意味も無く大声で吠えたりしながら、突っ走りました。

せ、青春だぁ。。。(^_^;

 

雨って、濡れる事さえ我慢すれば、どうって事ないんだな。。。なんて思いました。

 

  ◇◇◇◇◇

 

うーん、何かもっと、こう、ロマンチックなネタは無いかな。。。?

相合傘でドキドキみたいな。。。

うーん。

相合傘自体は、何度か有った様な気がしますけど。。。記憶が曖昧。。。

隣に誰がいたのかとかは覚えていなくて、相手をぬらすぐらいなら自分がぬれた方が

気が楽だとか、肩が冷たいとか、足が冷たいとか。。。

何かこう、残念な記憶の断片しか出てきませんね。

 

ダメですね。。。(^_^;