読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

水泳に関する思い出

思い出

f:id:shobuno:20140618222241j:plain

息子(小4)の「水泳カード」

不参加理由が。。。 (^_^;

 

身長は130cm位なので、入ると思っていた水着が、思いの外伸縮性が悪かったらしく

敢え無く断念したそうです。。。

(そういや最近、お腹やお尻がプリプリしてきたからなぁ(笑))

担任印がしっかり押されていますが。。。彼女は何を思ったことやら。。。(^_^;

 

新しい水着は購入済み。いつもは買い物のお供をとても嫌がる息子ですが、

今日ばかりはいつになく積極的だったとか。。。

 

今日の関東は気温が低かったので、結局水泳は中止だったのですが、

いよいよ水泳の季節が始まりますね。。。

 

 

水泳の思い出といえば

 

小学生の頃の私は、今では想像もつかないぐらいほっそりしていまして、

間違っても海パンが入らないって事は無かったんですけど。。。(^_^;

別の問題がありました。

 

幼稚園に上がる前ぐらいから。。。いや、赤ちゃんの頃から体が弱かった私は、

小児喘息持ちで、中耳炎にしょっちゅう罹ったり、直ぐに風邪を引いたり

全身にブツブツが出たりして、幼稚園には半分ぐらいしか通えないぐらい

病弱な子供でした。

まあ、そんな状態でしたから、

幼稚園の頃にはプールに一回も入れてもらえませんでした。

みんなが、ギャーギャー プールで騒ぐのを虚しく見ているだけでした。

適応力だけは高かったのか、「プールは入れないもの」「見るもの」って感じで、

本人意外と平気だったりしたのですが。。。(^_^;

 

まあそれでも、小学校に上がる頃には大分体が強くなってきはしたものの。。。

プールには中々入れてもらえませんでした。

プールの前に、健診が有って、私は必ず、

「鼻炎」と「結膜炎」

という診断が下り、「治るまでプール不可」という烙印を押されてしまいました。

(今でもそういう子っているのかな?)

 

やっぱり、プールに入れないかぁ。。。

 

「可哀想に。。。」と、周囲のみんなが言ってくれましたが、

本人は、やっぱり感が強くて、それ程意外な感じではありませんでした。

 

意外な感じは有りませんでしたが、治療は大変な苦痛でした。

特に耳鼻科。。。

鼻に薬を噴霧した後、細い金属製の管を鼻の奥に入れて、ズルズルと吸引するんですが、これがもの凄く痛い!!(今でも有るんでしょか??)

激痛でついアタマが動いてしまうと、先生(同級生のお母さん先生。とても厳しい)が

「男なんだから動かないで!」

と言って私を睨みます。。。

いくら睨まれても、私だって生き物ですから、激痛には反射してしまいます (^_^;

終いには、屈強な看護婦さんが2人がかりで私を押さえつけて鼻をグリグリしました。

激痛とともに出血するのか、良く白い管が血で赤黒く染まりました。。。(汗)

 

「結膜炎」の治療は痛くはありませんでしたが、最後に白いベタベタしたものを

目に付けられて、毎回まぶたが開かない状態になって閉口しました。

あれは一体何を塗られたんでしょう。。。? (^_^;

 

そんな風に、大変な思いをして治療をしましたが、大抵の場合、

水泳シーズンが終わっても治療は終わらなくて。。。

結局、「水泳は見るもの」という時期が長く続きました。

 

治療が終わり、ようやく水泳の許可が出たのが、小学2年生の最後のプール授業でした。

 

 

プールに初めて入る事ができた時の驚きと感激は、今でも強烈に覚えています。

「プール」とか「プールカード」とかいう単語を聞くと、

今でも少しワクワクするんです。