読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

はじめてのおつかい(苦笑)

絶賛、ゴールデンウイーク中ですね。

 

今年は飛び石になってしまいましたが、

溜りに溜まった「代休」を一気に使って自力で「大型連休」にして(苦笑)、

ゆっくりさせて頂いております。

これで、咳が出なければ最高なのですが。。。

中々上手くいかないものです。

 

咳と戦いつつ。。それでも予定通りスケジュールを消化しています。

連休全般の、ハードな大掃除系が大体終わりましたので、

後は楽しい事ばかり。。。と思いきや。

 

妻「会社に着ていくスーツが大分ボロになっているから、

  子供たちが学校に行っている間に、紳士服屋へ行ってきなさい。」

私「う、うん。。。」

妻「確か、青山カードの割引券が来てたでしょ?」

私「あ、ああ。 青山カード使わないと思って、切り刻んで捨てたんだけど」

妻「はあ? 何やってんの?!」

私「だって。。。」

妻「良いから、行って来なさい! 

  カードは引越しの時に紛失したとか言って、再発行してもらえば良いじゃん。」

私「えっ? 引越ししていない事なんてすぐにバレると思うけど。。。」

妻「早く行ってきなさい! 自転車使って。」

私「車で送ってよ。。。青山って何処にあるんだっけ?」

妻「私は忙しいの。得意のMacで調べれば良いでしょ? 

  なんで服買いに行くのがそんなに嫌なんだろうねぇ(苦笑)」

私「ひょっとして、一人で行くの。。。?(汗)」

 

そう。

 

私は大抵の事は楽しんでしまえる便利な性格だと思うのですが、

自分の服を洋服屋さんに買いに行くのが、大の苦手なんです。

(小さいころ、洋品店の息子だったのにね(笑))

 

どうしても自分で行かなければならないって事にならない限り、

自分から決して行くことは有りませんでした。

実家にいたころ(社会人になるまで。。。(^_^;)は、

もっぱら母に買ってもらった服をそのまま着ていました。

 

特に、紳士服店で自分のスーツを買うというのが一番の苦手。。。

お店に入って、若いお洒落そうな店員さん(男女問わず)なんかに

目を付けられられたら、最悪です。。。(^_^;

 

店員「お客様、どのようなものをお求めでしょうか?」

私「いや。。。(どんなのが有るのか知りません。。。)ふ、普通のやつを。。。

 (ボソボソ)」

 

店員「お客様のサイズは?」

私「さあ。。。(ゴメンなさいゴメンなさい。。)」

 

店員「色や柄はどんなのが良いでしょう?」

私「う〜ん。。。(全く心当たりがない(涙))」

 

いたたまれず、帰りたい気持ちで一杯一杯になってしまうんです (^_^;

どうして私が、自分の服を選ぶのが苦手なのか。。。

というよりもむしろ、どうして皆は自分の服を「楽しく」買いに行けるのかの方が

私にとっては謎なんですが。。。(苦笑)

 

多分、私は自分の容姿に自信が無いというのがベースに有って、

それが原因で、ファッション方面の関心がごっそり抜け落ちてしまっていて、

普段は、そっち方面には全く無頓着に生活しているのですが、

スーツを選ぶとなると、どうしても自分の容姿や、普段はないがしろにしているファンションと正面から向きあわざるを得なくなる訳で。。。

毎回冷や汗ダラダラ。。。いたたまれない気持ちで一杯になってしまうんです。

それでも、これまでは母とか妻とか必ず誰かが一緒に付いてきてくれていたので、

困ったら何とかして貰えていたのですが、今回は独り。。。。 (^_^;

 

そんな憂鬱な洋服選びですが、楽な時もありました。

店員さんが、近所の気のいいオバちゃん風の人で、

「サイズが分からない? 計ってあげるから、こっちに来なさい。

 コレ、ちょっと着てみて。。。 あら、まあ似合うじゃない。

 じゃあ、これとこれにしたらどう? ん? それで良い?

 ハイ、じゃあ寸法取るからコレを着てみて。。。」

 

実に快適な買い物でした(^_^;

 

 

さて、ずいぶん長々と書いてしまいましたが。。。

Google Mapで位置を調べて、自転車にまたがって紳士服屋さんに行ってきました。

応対してくれたのは、40才前後の男性店員さんでした。

キョロキョロしている私にすぐに声をかけてくれました。

 

店員「夏のスーツをお探しですか?」

私「はい。」

店員「お客さん、サイズはお分かりですか?」

私「(来た来た(汗))いえ、分からないので計ってください。。。」

店員「はい。かしこまりました。」

 

店員「どんな感じのスーツがよろしいですか?」

私「じ。。。地味な感じで」

店員「え?(苦笑) わ、分かりました。。。

   じゃあ、この辺なんかどうですか?」

 

(私もデキル様になったじゃないか(笑))

 

 

まあこんな感じで、「はじめてのおつかい」は比較的無事に終わったのでした。

「案ずるより産むが易し」でしょうか?

 

 

カードの再発行しようかな。。。