読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

サラダを届ける。

仕事

夕方、埼玉のとある駅。

客先に向かうために、タクシーに乗りました。

電車に揺られて、半分寝ぼけた状態で座ると、

 

「第一ですね?」

「あ、はい。  。。。ん?!」

 

よく見ると、何度か乗った事のある顔見知りの運転手さんでした。

 

話好きなのか、話かけるのが仕事だと思っているのか。。。

この運転手さんはやたら私に話しかけてくれます。

 

「いやぁ。。。暑くなりましたね!」

 

無口キャラな私は(笑)、ちょっと憂鬱になりつつ。。。

でも、父がタクシーの運転手だった事もあって、

運転手さんの気遣いを無下にする事もできす、

できるだけ、話し返す様にしています。 ^^;

 

「すっかり夏の空気になりましたね」

 

ああ。。。今日は休ませてもらえないなぁ。。。^^;

 

「どうしたの? こんな時間に。。。」

「ええ。お客さんに呼ばれちゃいまして」

「コンピュータの仕事も大変だねぇ」

「ええ、まあ。。。」

 

「そういえば、昨日すごい事が有ったんですよ!」

「え?」

「納品したモノの中に、サラダが5セット足りなかったとかで。。。」

「ええ。」

「長野から新幹線で運んで、駅で社員さんがそれを待ち構えていて、受け取って」

「はい。。」

「私のタクシーに乗りこんで、客先まで届けたんですよ。」

「ええ〜!? それは大変ですね」

「(両手で15cmぐらいの円を作って)このぐらいのサラダが、5個ですよ」

「ええ」

「それを届ける為に、長野から往復の新幹線代と、タクシー代使って、

 届けたんですよ」

「そ、それは。。。えらい高いサラダでしたね(苦笑)」

「そう。そうなんですよ! 私もそう言いました。」

「凄いですね」

「。。。日本人って、真面目なんですかね?」

「う〜ん。」

 

少し考えます。

 

「あ。でも日本人って、そうするのが当然みたいな所があって、

 多分、だからみんな「真面目」に行動するんじゃないんですかねぇ。。。」

 

ボクがやっている事も、同じ様な事なのかも知れない。

 

そうこうするうち、タクシーは目的地に付きました。

 

「はい。到着です。頑張ってください♪」

 

お金を払って、領収書を切ってもらうと私は、

 

「はい。 頑張ってサラダ届けてきますね!(笑)」

 

運転手さんが笑って、

私はお客さんの待っている工場の門に向かって歩き出すのでした。