読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

天ぷらそばとこだわり

f:id:shobuno:20131004072354j:plain

大豆で作ったソーセージ。ノンコレステロール!

す、凄い!! 素晴らしい!! 

よくぞ、人類はここまで。。。

是非、大豆で作ったノンコレステロールの

焼肉とか、

ステーキとか、

チャーシュー麺とか(?)、

卵料理とか、

体に悪そうなシリーズを、沢山作って欲しい〜♪ (^_^;

 

 

突然ですが、私は味にはウルサイ方だと思います。。。

お店に行くと、この味はちょっと◯◯が足りないとか多いとか、

自分だったらここで、コレを入れるとか思ってしまいますし、

家の料理の味付け担当をしたり、

私自身で、見よう見まねでテキトー料理を作って、

子供たちに出したりして、

それが度々好評を博したりしました。

 

 

美味しいものが大好き、食べるのが大好き。

豪華な食材、体に悪そうな食べ物大好きな私ですが。。。

反面、矛盾する様な気がしますが、食べる事へのこだわりが薄い様な気がします。

自分は今、◯◯が食べたいんだ!という欲求が薄いというか無いというか。。。

 

 あんなに嫌がっていた(?)昼食の弁当も、減塩、減油(?)の食事も、

受け入れ、案外平気な自分がいます。

(「私が、料理頑張っているからよ!」という妻の声が

  聞こえる様な気がしますが。。。スマン (^_^; )

 

 

 高校を卒業して一年ばかり、予備校生をしていた時代がありました。

朝起きて、予備校に行って勉強をして、

食事して、また勉強して。

お昼は予備校構内にあった、立喰の蕎麦屋さんに通っていました。

私の時代は、予備校生が溢れていた時代。。。

周囲のお店は満員の中、この蕎麦屋さんだけは回転がいい事も有って、

入りやすかった事もあり。。。

 

毎日ここで良いじゃん。探すの面倒くさいし。。。

 

結局一年間、暑い日も寒い日も、雨の日も晴れの日も、

毎日通っては、そこの「天ぷらそば」を食べていました。

来る日も来る日も。。。

食事は単なる燃料補給。

割りきってしまうともう、昼食の中身なんてどうでも良い。

口に入って、お腹を満たせれば良い。

昼食はただ燃料を補給する行為で、自分はロボットの様なもの。。。

そんなイメージを抱いていました。

そんな話をすると、周囲にはドン引されてしまい、

信じられない!

おかしいんじゃないの?

と良く言われたものです。

って事は、他の人には余り無い感覚なのでしょうか。。。?

 

こういう傾向が、私には結構有る気がします。

食に限らず何事でも、

周囲の環境のせいで自分の欲求が満たせなくなったとき、

その欲求をスパっと切り捨てて、

 

別に無くても平気。

 

としてしまう傾向が強い。

 

それは、「適応性が高い」と言うべきか、

単に「諦めが良い」と言うべきか。。。

 

言ってみれば、「物事にこだわらない」という「こだわり」が

私には有るのかも知れません(^_^;

f:id:shobuno:20131004224757j:plain

 

福部里志か? 自分。。。 (^_^;